えっ~!?なんでぇ~(泣)その③

2018.10.28(日)その③ その②からの続き。

 

Dラーのメカニックに言われた通りやってみると、一回のセルでエンジンは目覚めた。

すでに2回目でエンジンはかかっていたので、かなり気も落ち着き、「不動」への不安感は消えていた。

何もしなくても、普通にセルボタンを押せば次もかかるのでは?とは思っていた。

次男も一緒に外に出てきて、ローライダーS(2017FXDLS)の傍にいたのだが、エンジンがズッドッドッドッドーと目覚めた瞬間、「おおっ!」と声を出してびっくりしていた(笑)。

「すごい大きい音だね。結構、近所迷惑じゃない?」、と(笑)。

分かってるって。すぐにエンジンを切って、再度Dラーへ電話した。

 

「ああ良かった!」とメカニック。

約束通り一通り見てもらうから、今から行ってもいいかどうか尋ねると、先約があるから1時間半後ぐらいにしてくれ、とのこと。

まあ、了解とし、軽く準備をし直した。

もう、通常のツーリング走行距離は走ることができない時間だからね。

でも、せっかく点検してもらうのだから、その後少しでも走りたい。

 

早めに自宅を出て、金城埠頭経由でDラーへ。

到着してヘルメットを脱ぐと、サービス工場のシャッターが音を立てて引き上げられていく。

ちょうど「先約」なる車両の用事が済んだところだった。

愛想笑いもせずにメカニックが出てきた(何が気に食わないんだ、コイツは)。

一応エラー表示をPCで打ち込んだA4用紙を見せた。

「じゃあ、ちょっと見てみますんで。」とローライダーS(2017FXDLS)をサービス工場の中へ。

 

俺はサービス工場の控えカウンターの椅子へ座った。

店舗の方へは行かない。例の不愉快な年配オヤジがいるから。顔を見るだけで不快になる。

しかし、一度だけトイレに行った際、店舗の脇を通り過ぎたときに不愉快オヤジと目が合った。

当然、挨拶はなし。

俺、この店でウン百万円する商品を購入した客なんですけど。

しかも、この店が新規オープンしたばかりの頃、3台目の成約車両なんだけど。

目が合っても挨拶なしかよ、ワレ。

さらには、俺がトイレから出て元の場所(サービス工場カウンター)まで戻ると、不愉快オヤジはわざとらしく店舗から表へ出て、俺の方をチラりと見やがった。そこには客も車両もないのに。何しに行ったんだ、ワレ。

こいつ、何の用もないのに、俺の様子を見るためだけに外へ出やがったんだな。挨拶すらできないのに。

正直ね、俺も仕事上、個人や大勢の人を前に挨拶をする機会がままあるんだけど、目が合わなくてもこちらから挨拶はするし、逆に、目が合って挨拶しない行為の方が難しいんだけどね。自然に挨拶してしまうというかね。それが特別ではなく、至極普通のことなんだけど。

挨拶はロクにできないが、仕事はできる、って奴はいないよ。

久しぶりに訪れても不愉快極まりないDラーで、そういった意味での一貫性はある。

そこはオープン当初から変わらない。そういう指導をされてんのかな?というより、指導なんてされずに個々が好き勝手やってるだけか。

まあ唯一ホッとできたのは、新人らしきメカニックの兄ちゃんの対応が普通だったってことかな。

「コーヒーをお出しできますけど、飲まれますか?」と、サービス工場のカウンター椅子に座っていた俺に声をかけてきた。

デジタル機器で車両搭載コンピュータとつないで診断(そんなたいそうなものか)した後のレシートみたいな紙を見せながら、メカニックがあれこれ説明してきた。

まあ、ほとんどが先の電話の内容と重複していたが、「いやあ、非常に理解しやすい説明で、よく分かりました。ありがとうございます。」と、大人の対応をした俺。

まさか憮然とした表情の俺がそんなことを言うとは思ってなかったようで、「えっ?いえいえ」と驚いていた。

次に控えていた客へも「はい!まずコンピュータにつなげてみますね!」と、声に張りがあった。

その客も「何これ?全然ダメだが。最悪じゃん。」と不機嫌そうに店内に入ってきたオッサン。

出先で不具合が再発したらしい(詳細不明)。

 

さて、ついでに後右ウインカーの配線不具合も直してもらい、ちょっと三重県と滋賀県の県境、石槫峠まで走りに行った。

そういや、バッテリーの力量が新品時の四分の三ぐらいになっているらしかったが、「まだ交換するほどではない。」って当たり前やん!まだ2年たってないよ。充電器にもつなげっ放しだしよ。

最初の電話で3年保証交換・修理の話を出したので、それを否定するためのことばだったのだろう。

まあいいや。

とりあえずこれでOKだ。

永源寺から県道で少し山へ入り、途中のコンビニで購入した昼食をとった。

昼食後そのまま自宅へ戻ったのが16時ぐらいだったか。

走行距離 約140㎞

 

えっ~!?なんでぇ~(泣)その③」への5件のフィードバック

  1. kz-bluesさん こんにちは mituruと申します。 いつも楽しく拝見させて頂いております。
    今回 初めて投稿させて頂きます。 実は私もFXDLSに乗っておりまして先日kz-bluesさんと同じ様にエンジン始動時に「V INERR」?と表示されました。 その後 私のは問題なくエンジンは掛かり、普通に走行しているのですがkz-bluesさんはその後問題はありませんか? 何か対策とか必要であればお聞かせ頂けたら幸いです。 寒い朝でしたのでバッテリー弱りが原因かと考えているのですが・・・。

    1. mituruさん、はじめまして。
      コメントありがとうございます。
      例の液晶表示ですが、その後同様の症状は出ておりませんし、問題なくエンジンもかかり、走行にも支障はありません。
      結局、当該日の朝のみの症状だったのかと。
      原因が分からないままでスッキリしませんが、Dラーのサービス担当が言うとおりの操作をして(その操作をする前にエンジンはかかっていたのですが(笑)ブログ参照)、リセットされたようです。
      事後の対策についてですが、特に何もしておりません。
      今まで通り、乗らない時はバッテリー充電器をつなぎっ放しにしています。
      ちなみに私の車両ですが、2016年12月に新車で納車、走行距離は後数10㎞で20,000㎞になります。
      目だった不具合はありませんが、2~3か月前から前シリンダーヘッドカバー右前角より若干オイルが滲んできております。
      12月初旬に2年目点検(サービスパック)があるので、話はしてみるつもりです。

      同じFXDLS乗りの方と情報交換できて喜んでいます。
      今後とも、よろしくお願いいたします。

      1. kz-bluesさん ご返信、有難う御座います。
        私のも2016年12月の車輌で現在16,000kmの走行です。 
        25年振りのリターンライダーで整備スキルも全くありません。
        また色々と情報をお聞かせ下さい。
        今後とも宜しくお願い致します。

        1. mituruさん、早速のレスポンスありがとうございます。
          私は20代後半から30代半ばまで約7年のブランクはあるものの、17歳からオートバイに乗っています。
          4年前には念願のオフ車も増車して、ハーレーと林道の泥沼にハマっています(笑)。
          こちらこそ、どんな情報でもお聞かせください。
          よろしくお願いいたします。
          さて、明日はハーレーの順番なので、朝からぶらっと行ってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です