元旦から青空ガレージ。ホーン装着。2020.1.1(水)その1

【CAUTION!】これはあくまでも amateur の記事です。つまり、正確なmaintenance ではありません。当該maintenanceを実施されたことによる不利益につきましては、当方は一切の責任を負うものではありません。

さあさあ、12月30日(月)に磨き上げた落札カウベルホーンをいよいよ組み付けようでないのさ。元旦から青空ガレージ開店でっせ!というか、お神酒をいただいたのでオートバイを運転するわけにはいかないのです(^^ゞ。

今年もこんな1年になりそうだな(^^ゞ。

さてさて、何時間も掛けて磨き上げた落札純正カウベルホーンカバーだからさ、キレイに組み付けたいよね。

中身のホーンは以前、これまたebayで落札したドラッグスペシャリティーズの新品でエンジンガード上部に付けていたのだが、クソDに車検整備(整備っていうのかな?)に出して戻ってきた直後、ステーがポッキリ折れて脱落寸前状態だった。というか、脱落してしまったんだよな。

はい、このVツインの真ん中に組み付けるのですが…
位置はこんな具合で。

下画像のブラケットが両シリンダーだけではなく、エンジン全体を「つないで」「吊っている」んですね。つないでるだけならボルトを2つ外せばいいだけなんですけどね。吊ってるとなると、外したら下がって来る?のかいな、と。

このブラケットが曲者でして。しかもブラケットにネジが切ってあり、そのままボルトで留めているんだよね。ボルトがきたらナットじゃねえか、普通。

だからエンジンが下がってしまうのではないかと、落札したブラケットをぶった切って溶接してやろうかと考えたんですわ。しかし、プロ(社長)から「溶接はねぇ…。」とダメ出しが出たってわけだ。そこでプロも使う技をちょっと教授していただいたってことだ。

まずはガソリンホースを外して…
シートを外し、ガソリンタンク後部のボルトを外す。
念のためガソリンタンク前側のボルトを若干緩めておく。
そしてグイィーと持ち上げると・・・、上がった!もちろん、ロープ固定してますよ。車のボンネットのような構造ではないですからね。

このガソリンタンクを上げる技が使えなければ、溶接を敢行していたか、社長にお願いしていたな・・・。もちろん工賃はかかるよね。1諭吉ぐらいかかるのかな。

これでブラケットを無理なく外せるくらいのスペースが確保されるわけだ。
ほらね、これなら無理なく外せる。

下画像のおそらくガソリン残量センサー(?)の配線がなぜか垂れ下がっていた。これは社長の仕業じゃないかと推測している(笑)。PV2 の配線をハンドルライザーまで持ってきてもらったんだけど、配線はシート下からタンク下を通っている。タンク下には太細含めて何本かの配線が通っているので、割と面倒なんだよね。で、この残量センサー(?)も余り配線がタンク下にまとめられていたのではないかという長さなんだよね。つまり、PV2 配線を通すときにちょっと邪魔になり、避けて通して最後にまとめるってことをしなかったんじゃないかな、と。まずはあのクソDを疑ったんだけど、車検直後には垂れ下がっていなかったからさ。まあ、ライザーまでの配線延長と工賃はサービスしてくれた社長なんで、それもご愛嬌ってことで大丈夫っすよ(^^ゞ。

こいつの処理もついでにできるさな。
まずはビローンと引っ張り出し、長さを見極める。
押し込んでみたらカプラーがストッパーの役目を果たしてくれそうだったので、特にタイラップで縛り上げることはしなくて済んだ。

さあ、本題のブラケット。このプラグコードを留めているタイラップ2本、割ときつく締め上げてあるんだけどいいのかな?ハーレーのエンジンって、かなり振動があるんだよ。ブルブル震えるけど「遊び」がなくて大丈夫なのかな。

まあ、どのみちブラケットを外すからちょん切ってしまうのだけれど…。
ここで念のため落札パーツを合わせてみると…。前後シリンダーの穴位置とピッタリ。

吊り下げボルト付近の幅に若干の差異が見られる(落札品の方が狭い)ものの、約20年のハーレー歴でここの不具合を聞いたことがないから、まあ大丈夫だろう。

つり下げボルトを外す際はチョット緊張した。だって、このクソ重たいエンジンが ガッサッ! っていったらどうしよう…っていう懸念があったから(^^ゞ。実際ボルトを緩めてまた締めようとしたらかなり力がいったので、「こりゃかなりの重量がボルトにかかってるぞ…。」って容易に想像できたから。もちろん前後シリンダーにねじ込まれているボルトも、まずは若干緩めてみたよ。硬いのなんのってさ、外れないって思ったもの(^^ゞ。やっぱり高熱になるところだから、ボルトや鋳物であるシリンダーは膨張・収縮を繰り返しているんだろうね。それでボルトも硬く、きつくなっているってことだ。

ということで何とか外したよ。

『ちょっとの時間ならエンジンも下がってこないから。』という社長の言葉を信じていたけど、なるべくスピーディに作業を遂行。特につり下げパーツとブラケットの連結ボルトは穴位置が狂わないようにサササッ~とね。きつく締めなくてもボルトが掛かっていれば大丈夫だからね。

おう、前後シリンダーの穴位置も完璧じゃ!ってエボ・ツインカム用って商品紹介に明記してあったからね。
この振動吸収ゴムの劣化もほとんど無くて良かった。このゴムだけでも2,000円近くするんだべさ。ホムセンに並んでいたらせいぜい200~300円じゃね?
ここ、ここ。落札品はこのナットで締める仕様なんだよね。ボルトとナットは附属していたから良かった。ローライダーS純正品は、ブラケット自体にネジが切ってある仕様なのさ。

はい、いつも通り長くなってきたので、【その2】へ続く。

元旦から青空ガレージ。ホーン装着。2020.1.1(水)その1」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です