スーパーシェルパと愉快な(怪しい)仲間たちミーティングに参加した。2019.7.13(土)・14(日)その②

【2019年7月14日(日) 2日目】

夜中に降った大雨やイビキ(笑)、湿気等々であまりよく眠れなかったが、まあ想定内だね。それより「バンガロー泊への切り替えは大正解!」との思いの方が強かった。

当然、朝から雨も降ったり止んだりっすよ。想定内、想定内。

朝は6時ぐらいに起きたかな。それでも3番手ぐらい。俺より早く起きてラーメン食べてた人もいたからさ。ねぇ、Iさん(笑)。

俺はコーヒー豆を持参したから、豆からひいて朝一のコーヒータイム。

キャンプの朝のコーヒーはうまいんだよな。大げさじゃなくて、このためにキャンプするって言っても過言じゃない程。ただ、 前日に 「ニシオカストアー」で購入したランチパックハムカツがダメだった。賞味期限切れとかそういう法令遵守義務違反的なことではなく、単純に不味かったという話(笑)。

でも、コーヒーがうまかったからいいや。

さあ、朝食後各々マッタリした時間を過ごしていたが、何やらNさんを中心に赤いシェルパを囲んでいるぞ。

おお、Nさん、出張修理っすか?
同じ車種なもんだから皆さん詳しいよね。

前ブレーキとアクセルワイヤーの動作不具合だそうな。それにしてもNさん、シェルパの交換部品をある程度というか、かなり持参って、スゴくないっすか。しかもツナギ服にサッと着替えるあたりなんか「思い入れ」を強く感じます。

というか、ちょっと前に不定休のバイク屋を始めたらしいからね、Nさん。その筋(シェルパ業界?)では結構有名らしいです。

さらにはこのNさん、「南極観測隊」に同行して仕事を何度かした経験の持ち主なんですね。スゲェー!しかも錦織圭にくりそつ!俺がそう言うと、「ああ、たまに歯磨きしてるときなんかに鏡見ると『似てるなー』って思いますから。」って(笑)。さらには「 タイガーウッズにも似てるんじゃねぇかって思いますよ。」って(爆)。 次回は南極の話も聞きたいな。俺のアメリカ放浪話なんかよりスケールが違うだろうな。なんてったって極限の世界だからね。

まあでも赤さん、部品交換っすよ、あそこまでいったらね。

「ここなんかさ~」と外野からの指示も飛ぶ(笑)。

NさんやIさんに本日の予定を聞くと、午前中に林道を1本走り、正午頃には解散の予定だとか。天候も天候だしね。

このキャンプ場にはトライアルコースが設けられており、そこを使用しての「トライアルごっこ」の予定もあったのだとか (※この後早目のお別れとなった俺は、その後の活動は知り得ない。) 。

奥のバンガローに泊まったんだよ。
ズーム。
シェルパたくさんの写真

さてと、12時には自宅着としたい俺は、そろそろ荷造りして出発しないとね。次男との約束で、今日は名古屋駅付近のイベント会場に15時少々前に到着する必要がある。

あ~あ、行きたかったな~この日の林道!まあ仕方ないね。

皆さんに挨拶をして、お名残り惜しく10時ぐらいにキャンプ場を出発。

まあキャンプ場近くには新東名の浜松引佐ICがあるから、そっから高速人になれば自宅まで2時間かからないしね。余裕だな。

ただ、雨の心配もあるので、合羽着用とヘルメットはバイザーを外してシールド装着仕様とした。馬鹿デカバッグには黄緑色の標準装備防水カバーを装着して完璧だ。

しかし、自宅着まで雨粒はただの1個も当たることがなかったとさ(笑)。

11時30分自宅着。

そんなに慌てるような残り時間でもないのだが、もう休憩なしで自宅までノンストップとした。走りながら名古屋高速まで使うのかどうか迷ったのだが、結局伊勢湾岸道豊明ICで下りて1,000円強の節約とした。国道23号線は名古屋市内手前で渋滞してたけど、まあこれも想定内だし、残り時間も余裕だし、進んでは止まっての繰り返しでもNo Problem。

そんな軽い渋滞も含め、皆さんに「気を付けて!」って言われてから自宅庭まで1時間30分だもんね。名古屋高速使ってたらもう15分~20分は短縮できたな。

黄緑袋を被せたらさらにデカくなった(笑)。
林道含めて2日間で332㎞の走行。到着15分後だからね。

さてさて今回の集いだが、ミーティングの規模としては10台・10名と小規模なものだったのだろうけど、逆にこれぐらいの参加人数の方が各々コミュニケーションを取りやすいのではないかと思った。

もちろん大規模は大規模で違った高揚感もあるのだろうけど、昨年初めてSSTRに参加した経験のある俺は、今回ぐらいの規模が丁度よいのかなと。

ちなみにSSTRにはもう参加はしないつもりでいる。実は今年も参加しようとエントリー開始日翌日に当該サイトを開いてみたのだが、ビックリ仰天。すでに「キャンセル待ち」状態。何だか気が抜けたよな。エントリーできていたら参加はしたんだろうけどさ。キャンセル待ちまでして参加しなけりゃいけないモンなのかってね。

同じ時間を使うなら、1泊2日でどこか初めての場所へキャンプツーリングに行った方がいいんじゃないかって思えてきた。やっぱり「初めて」の経験はドキドキやワクワク、いわゆる高揚感があるよね(いろんなことで♡)。見るもの聞くものが全て新鮮。ただ、悲しいかな回数を重ねるごとに「新鮮味」が薄れていってしまう(いろんなことで♡)。

新鮮味が薄れてしまうってのは仕方がないことだから、もちろん何度も参加している人たちを批判する気などさらさらない。それは価値観の違いだから。同じイベントに何度も参加しようが、常に初めてのものに参加しようが、はたまた「中には何度も参加するものもある」などでも、本人がそれで happy ならそれでいいからね。

それにしても今回は、いわゆる「濃い」メンバーが集まったよな(笑)。

昔からオートバイ乗りには「ナルちゃん(ナルシスト)」が多いとよく聞いてきたが、今回のメンバーを見ていると、『当たらずといえども遠からず』。というより、自己陶酔ではなくて、シェルパに陶酔してるんじゃないかって(笑)。

今回のミーティングに参加してみて、このミーティングには毎回参加したいと思えた。前述した通り「新鮮味」は薄れていくのかも知れないが、そこは工夫や楽しみ方、目的次第で良い変化となり得るのではないかと考えたからだ。たとえば準備段階からかかわったり、それこそ発起人になったりといった具合でね。

このミーティングへの参加意志の原動力となったのが、より細分化された興味関心の対象の存在。言い換えれば「シェルパのよりマニアックな」ミーティングへの期待ということになるかな。車種限定のミーティングはそこかしこで開催されているけど、不人気車の集いってあまり見聞きしないからね。俺が知らないだけで結構開催されているのだろうか。

だって、シェルパって不人気車種なんでしょ?それを『舐めまくりたい』なんて絶対『変態』だよね(笑)。

初日の夜、バーベキュー時の会話の中で、俺がいつも感じていることを話した。「ダート(林道)走行って、まるで小学生の頃に自転車でわざと水たまりや泥だらけの場所に突っ込んだり、危ない所を走ってみたりしたことと同じですよね。そういうところを走れた奴がエラい、勇気がある、カッコいいみたいなね。みんなオッサンなんだけど気持ちは完全に小学生ですよね?」

皆さん「そうそう!」だって(笑)。というか、今そうそう!って言った時やシェルパや往年のオートバイの話題で盛り上がっている時、そして一番は 林道を走っている時・・・、全員、まさしく小学生の顔でしたよ。もちろん、俺もね。

永遠の少年たち、また会いましょう!

オートバイ最高!!

スーパーシェルパと愉快な(怪しい)仲間たちミーティングに参加した。2019.7.13(土)・14(日)その②」への9件のフィードバック

  1. えー、デザートで多少トラブルの原因になった者です(笑)

    2日目は初日に行った熊の道の駅裏から林道に入り(前菜)、シングルトラックのプチ崖崩れ道を抜けて(メインディッシュ)、舗装化手前のフルフラット&絶景林道をかっ飛ばしてきました(デザート)。

    んで、ワタクシそこで釘を踏んでパンクしてしまいまして…(^^;) Nさん含めて皆さんに手伝ってもらいながらパンク修理しようとしたんですが、ビードが硬くて落ちなかったんで諦めてそのまま乗って帰ってきました(笑)

    ま、初日ではなくて最後の最後でまだ良かったかなと。(手伝ってくれた皆さんには申し訳なかったですが…)

    1. いちさん コメントありがとうございます。
      あ、パンクだったんですね!まさか先導役のいちさんがパンクとは(笑)。でも、ケガ等重大トラブルじゃなくて一安心です。それにしてもパンクは凹みますよね。私も過去1度だけ林道でパンクの経験があります(このブログにも書いていますが)。その時は雨も降ってきて泣きそうになりました。
      失礼ながら、皆さんでいちさんを囲んでいる場面に参加したかったです。ビートがどうしても落ちなかったところも拝見したかった(笑)。
      もちろん、2日目の林道走行も含めてですよ(笑)。
      是非、またご一緒したいですね!

      1. すいません、訂正です。
        パンク修理作業&道具の提供はNさんが全てやってくれて、自分を含めてその他の人々はNさんのサポートって感じでした。
        (先の自分の書いた文面だと、パンク修理をしようとしたのは自分のようになってますので、Nさんに怒られてしまう)

        機会があれば、是非ともご一緒しましょう!ブログに書いてあった、新城の遭難しそうになった林道でもOKですよ(≧∇≦)b

        1. いちさん、コメントありがとうございます。
          なるほど、本業になったNさんがいるんだったらお任せした方が早いかも知れませんね(笑)。
          私も林道へはパンク修理道具も含めて一式工具は持って行きますが(シェルパミーティング時も持参しておりました)、できればホイールを外して…なんてやりたくないですからね。
          なんで、帰宅後のホイール内側掃除を覚悟で「瞬間パンク修理剤」も1本持って行きます。1度だけ使用しましたが、帰宅後が悲惨でした(泣)。

          あの新城っすか…(>_<) まあ、複数なら安心ですけどね。どちらかといえば「ゲロゲロ」になりそうです(笑)。

  2. シェルパのファンは熱いね、あの天候で遠くから10台も集まってる。シェルパが不人気車だ何てことは決してないと思いますよ。商売上手のヤマハでさえセローのマイチェンですし、手頃なオフ車を買おうと思えば、選択肢がほぼゼロに等しいですからね。二輪をよく知っていたからこそ今から何年も前に名車を発掘して今日まで乗り続け、今後も乗り続ける。これが真の愛好家でしょうね。来年は私も参加してマニアぶりを拝見させていただきたいと思います。

    1. 春信さん コメントありがとうございます。
      シェルパファン、『熱い』というより『変態』でしょうか(笑)。
      オートバイ好きに違いはないのでしょうが、どうも『そんな』ニオイがしました(笑)。
      それでも基本的に林道が好き、自然と戯れることが好きということにおいては完全な共通項ですね。
      あとは『永遠の少年』だということ。
      是非、次回は参加してみて下さい。シェルパの中にトリッカーが1台。
      きっと、格好の餌食ですよ(笑)。

  3. Kです。
    ミーティング楽しかったですね。林道も飲み会も。
    ブログはお世辞じゃないですよ。ミーティングのこと早くアップされないかな〜と心待ちにしておりました。
    たくさん写真撮られてますね。いつ撮ったのか不思議です。
    翌日の林道は前菜、メインディッシュ、デザートって感じで堪能しました。(デザートで多少トラブルも…)

    またご一緒したいです。
    お会いできて嬉しかったです。
    ありがとうございました

    1. K@H5グリーンさん コメントありがとうございます。
      こちらこそお会いできて光栄でした。
      やはり楽しい時間が過ぎるのは圧倒的に早く感じてしまい、まだまだ話足りなかったと後悔してしまうほどです。
      また、拙いブログを心待ちにまでしていただき、これまた身に余るお言葉です。

      やはり2日目の林道は良かったみたいですね!『デザートで多少トラブル』もかなり気になります(笑)。
      参加者の怪我等ではなく、思い出話になるようなエピソードでしたら野次馬根性丸出しになってしまいますよ(笑)。
      2日目の林道、行きたかったなー(泣)。

      ネットで簡単につながることができる時代ですが、アナログ世代(ですよね?)ならではのコミュニケーションは、やはり不動ですね(笑)。
      是非、またワルガキに戻って林道をご一緒しましょうね。
      ありがとうございました!
      そうそう、Kawasaki コーディネート、素敵でしたよ

kz-blues にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です