奥伊勢の森「七保ベース」野あそび隊キャンプ場と、獅子ヶ岳途中まで山歩き。2021.8.28(土) ・29(日) その1

久々に息子たちとキャンプに出かけました。

キャンプ場に行く前に、ちょっくら山歩きでも。

8時30分、度会ウインドファームの風車下に到達。

朝5時に自宅を出発。近所のMacドライブスルーで朝食を買い、ひたすら名四国道(国道23号線)を南下する。

さすがに国道は空いており、3時間ちょっとで山歩きスポットに到着した。

巨大な風車を間近にし、息子たちは驚いている様子だが、父ちゃんはツーリングでよく見ているからね。

前日にGSVで探っておいた、獅子ヶ岳近辺を散策しようかという目論見だ。

1時間10分程の山歩きだったが、結果的にあと1km強を歩かなくて正解だったのかもしれない。やはり「クマさん」との遭遇は避けたいからね。しかも、その「痕跡」を見ていながら敢えて冒険し、命を危険にさらすメリットなどどこにもないだろう。

それにしても短い時間の中で、息子たちの貴重な意見を聞くことができ、親としては頼もしく思えた場面だった。

①樹木の枝に結んであるリボンを見て登山道だと判断できた。※ガーミン GPSの地形図に載っていない登山道を歩いた際。

②獣の糞の内容物(木の実)を見て、「クマじゃないか?」と想像できた。※帰宅後、ネットで調べてみると、やはりクマの糞だった。

大台町の道の駅すぐ隣にあるマックスバリューで買い出しを済ませ、「奥伊勢七保ベース野遊び隊キャンプ場」に到着したのが、13時ちょっと前。

実はこのキャンプ場、2018年12月23日(日)・24日(月)に初利用した場所なんですね。約2年半ぶりか・・・。

管理人様  その節は拙ブログにも直々に投稿していただき、ありがとうございました。<(_ _)>

※到着後、管理人さんにも再度お礼を言いました(^^ゞ 。

まだ誰もおらず、管理人さんもいない。

15時チェックインと連絡を入れておいたので、まあ仕方ないね。

一昨年のキャンプで20年近く使用してきたテントに穴が開いていることが発覚し、今回のキャンプに当たり新調したテント。旧テントはノーブランド品だったのだが、今回はほぼ同額でコールマン社製。

20年前と言えば、長男がまだ保育園の頃だ(;^_^A 。俺も30代だった Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)/ 。

さあ、まずは風呂に行こう。

え?ここにはドラム缶風呂があるんじゃないの?

そう、皆が期待していたドラム缶風呂だったんだけど、当局のお達しで禁止(コロナ)であるとのこと。いやはや残念無念。

次男は「薪割り」も楽しみにしていたのだが、購入した薪はすでに管理人さんが割ってくれていたもの。

まあ、とにかく風呂に入ってサッパリしよう。

管理人さんから聞いたVISON(ヴィソン)の風呂は第二希望にして、息子たちがスマホで検索した国道42号沿い(少し入ったところだが)の「阿曽温泉」に行くことにした。

ところが・・・

まったくさ・・・ちょっとどうにかしてるよな・・・。

仕方ない。我々ファミリーには似合わない、オサレな場所でtake a bath しますっか。

再度30分車で逆戻りし、ヴィソンに到着。

宿泊施設もあるんだね。日帰りでバーベキューするスペースもある。だけどね・・・。もう行かないかな。

さてと、キャンプ場に戻って晩飯の支度だね。

Go back to The base!!

その2へ、

ヽ(^o^)丿

奥伊勢の森「七保ベース」野あそび隊キャンプ場と、獅子ヶ岳途中まで山歩き。2021.8.28(土) ・29(日) その1」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。

     いいっすね、野郎が3人のキャンプ。
    これが、娘二人と親父のキャンプだったら気をつかう、気をつかうですよね。
    終末は暑かったですよね、お疲れ様でした。

     今度は彼女とのラブキャンプを期待しております。

    1. 服部さん、コメントありがとうございます。

      連れ連中の女性遍歴を見ていると、本当に娘じゃなくて良かったと思います(;^ω^)/ 。

      彼女?
      私の相棒は・・・オートバイっすね <(`^´)>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です