北勢バイパス,東名阪南在家ICから県道凍結でUターン。2018.2.3(土)

本日は自家用車の車検出しのため,出発が午前9時を回ってしまった。

相変わらずの行先知らずでの見切り発車だったが,

前回は東進で浜松まで走ったので,

今回は西進で志摩市方面かな,と。

ところが何週か続けて週末はガラガラに空いていた名四国道が,今日は割と混んでいる。

国道沿いに設置してある伊勢湾岸道の電子案内板も,

お決まりの「四日市 鈴鹿間渋滞〇〇km」の文字。

 

上が混んでりゃ下も混む。下が混んでりゃ上も混む。どうせ上下で大渋滞。』

 

何だ?新しい交通標語作成か(笑)。

 

木曽三川を越えたぐらいで本日の志摩市行きは取りやめモードに。

四日市や鈴鹿の入り組んだ県道を縦横無尽に走り抜け,

亀山から東名阪に乗った。

そして伊勢湾岸道には目もくれず(?),そのまま名阪国道を西へ。

 

でまあ,もっと晴れて気温も上昇するかと思いきや,やっぱり真冬だね。

ダメ元で,というかあまり深く考えずに名阪国道南在家ICで下りて県道を南下しようとしたところ,

キャンプ場の先で凍結・・・。

四輪は平気で何台か登って行ったが,こちとら二輪車ゆえ敢え無くUターン。

まあね,やっぱり真冬だから仕方ない。

 

この時点でテンションは急降下。

早めに帰って最近叱ってばかりの次男(中1)と昼飯でも食いに行くか,と再度名阪国道の乗り東進。

 

最近の傾向として,西方向からの帰路は高速道路を利用した場合,

伊勢湾岸道の「名港トリトン」を渡らずに,

東名阪をそのまま東進し,名古屋西ICで下りる。

若干県道を走って庄内川堤防道路を南下するパターンが多い。

高速代金的には恐らく同じ(毎回調べようと思うのだが忘れてしまう(笑))だろうが,

感覚的に名港トリトンを渡ると「お高い」と感じるのですよ。

なので,東進すべく伊勢湾岸道にのる場合,

以前は名港中央ICからのっていたが,最近は名四を東進し,

豊明ICから上にのるんですね。

 

とまあ総走行距離160kmぐらい,全行程時間4時間ほどのプチツーでした。

 

Uターンして少し戻って来たところ。寒かったねぇ~。

 

後方に見えるのはチェーンゲートでガードされた林道入口。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です