豊田松平IC,県道33号,設楽町チョイ林道。2018.4.8(日)

終わってみれば若干消化不良のツーリングだったが,総じて考えれば久しぶりのダート走行で楽しかったね。

ピストンでも久しぶりのダートで胸が躍った。

朝8時前に自宅を出発。この日はそれまでの初夏を思わせる日とは違って,少々肌寒い朝だった。

国道23号線(名四国道)を東へ向かい,伊勢湾岸道豊明ICから高速にのった。

いつもの東海環状線豊田松平ICで高速を下りて,松平橋手前を川沿いの県道へ折れる。

やっぱり今日は寒い。もちろん真冬の寒さではないが,それまで最高気温20℃を超える日が続いていたので,気温4℃の空気は結構身に染みた。

走り慣れた県道を国道257号線の手前まで行くと,ずっと長い間工事で通行止めだった県道が通行可能になっていた。

エレグラ(2010FLHTC)でも走ったことのある三桁県道だ。

ただしもう何年も前のことなのでよく覚えてはいない。

記憶を呼び戻す前にその県道は終わり,国道257号線に合流した。

久しぶりに走った三桁県道。

一旦国道257号線に出てすぐに県道へ。

お目当ての林道入口に到着。しかし・・・。

林道境川線

絶賛工事中。これでは太刀打ちできないのでUターン。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピストンの帰り道。こんな何気ない林道の一コマがいいんだよね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気を取り直して次の林道へ入っていくが,こちらはチェーンゲート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まあ昼過ぎには帰宅予定だったので,最後の悪あがきに目につい舗装林道へ入って行くと,何と「雪」が降ってきた!

4月でっせ,旦那はん!

結構な勢いで降ってきたよ。

走行距離は約250kmほどと短かったが,久しぶりにダートを走ることができて楽しいライドだった。

また,後タイヤやオイル,チェーン,前後スプロケットを交換後初走行だったので,その塩梅も十分感じることができた。

駆動系の刷新はとにかく「スムーズさ」と「静寂さ」に尽きる。ロスが減った分燃費も向上した。

オイル交換のメリットは言わずもがな,タイヤの刷新はダート走行で歴然とした安定走行を体感できた。

さて,今度はどこへ行こうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です