2018.5.26(土)・27日(日) SSTR2018 備忘録 その①

SSTR からすでに3週間過ぎてしまった。

細かな記憶が少しずつ薄れていく前に,ここに記録を簡単にでも残しておく。

 

まずはスタート地点の金城埠頭。

当日朝は天気予報が珍しく外れて曇っていた。「日の出(太陽)と海とゼッケンの分かるオートバイ」の三者が入った画像を残してスタートすることが条件。

当日は若干寝坊して日の出後の時刻に埠頭に到着。

しかし,すでに数台のゼッケンを付けたオートバイが金城埠頭にたむろしていた。

みんな大体考えることは同じなんだね。というか,名古屋なら海はここになってしまうか・・・。

後ろに見えるのは伊勢湾岸道の名港トリトン橋。

カメラのセッティングをしているのだが,誰も近くにいないのになぜか落ち着きのない動きが目立つ(笑)。時刻は5:15頃。

そして5:20分頃に金城埠頭をあとにして,石川県千里浜へと走り出した。

 

第一ポイントの道の駅「美濃加茂」。

でもここスタンプ置き場が10時開店の店舗の中とのこと(当該店の隣店舗の主人に聞いたところ・・・)。

証拠写真だけ撮り,国道156号線を目指した。

 

と,ここから石川県まで画像なし(笑)。

アクションカムをハンドルバーに取り付けて動画を撮っていたものだから,あえてデジカメを構える気にはなれなかったんだよね。

あとで画像の切り出しもできるしな,と考えていたし。

でもね,やっぱり「オールマイティは中途半端」という持論が今回も証明されたんだな,これが。

はい,ここから千里浜まではほんの10分くらい。

正式なゴールゲート開場は15時だから,まだ1時間強時間があったんだよね。

だから,まずは個人的なゴールを目指すべく千里浜に向かったのさ。

どうこの瞬間?

言葉はいらないよね。これらの画像だけで十分ではないだろうか。

日本海。石川県羽咋市死千里浜

そして,15時の正式開場まで大会事務局へ提出するレポートを集落の公民会の縁台に座って記入し,SSTRの正式ゴールゲートを目指して走り始めたのだった。

その②へつ・づ・く。

                                          

                               

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です