新城IC,R151,下條,喬木,天竜,売木,キジ接近遭遇? 2018.6.2(土)

もう3週間も前のことになるので記憶が曖昧だが、ローライダーS(2017FXDLS)で走った記録。

キジだよ、キジ!

 

かれこれ40年近くオートバイでツーリングをしていると、どうしてもお気に入りの道というのができてしまう。もちろん逆も真なりで、嫌いな避けたい道も。

久しぶりにそのお気に入りの道の1つである国道151号線を北上しようと、ローライダーS(2017FXDLS)で自宅を出た。

国道23号線(通称名四国道(名古屋と四日市を結ぶからね))を東進し、伊勢湾岸道豊明ICから高速道路にのった。

東海環状自動車道との分岐でローライダーS(2017FXDLS)の車体を右に傾ければ、その高速道路はそのまま新東名高速道路と名称を変える。

新城ICで新東名を下りる。

高速ランプと国道151号線との交差点を直進すれば道の駅に入って行くが、まだまだ休憩時間にするには走り足りない。

「峰竜太」の出身地だという大きな看板をみかけると、そこは下條村。

予定していたルートとは外れてしまったが、県道を紡いで大鹿村に出る。

紡いだ県道途上でアクションカムを胸に装着して、ハーレーサウンドとワインディング走行を楽しんだ。

大鹿村役場脇のトイレをお借りして用を足し、今度は国道152号線を南下する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
もう少し雲が切れていたら、中央奥に雪をたたえた南アルプスが見えたんだけどね。

大鹿村にはお馴染み「中央構造線の露頭」があるのだが、今回はパス。

小道を歩いて露頭を見に行くと、本当にそこはある種独特な雰囲気に包まれているんだけどね。もう3回は見学して、その磁場のようなものを感じることができたんだけど、今日は先を急ぐから寄りはしない。

国道152号線の途上で小休止した際、道路わきの谷側がざわついていることに気が付いた。よく見ると、動物の姿が。鳥?

近くまで寄ろうとしているが警戒もしている。

キジだよ、キジ!

ウロウロして近寄りたいって感じだ。

それにしても逃げない。こりゃ、かなり人間慣れしてるな。

アホな観光客が餌をやってるんだな。普通野生のキジなら逃げるもんな。

こんなところまで大胆にもしゃしゃり出てきたぞ!

なんと最後はこんなに至近距離まで。

まあね、そこまでだな。

当然餌なんて与えない。こいつのため、自然のため。

バカな連中のなんと多いことか・・・。

気持ちいい道。ここら辺までくると白樺を見ながら走ることができるんだよね。

ということでこの後は売木村、稲武を経由し、猿投グリーンロード⇒名古屋高速で16時頃自宅着。

どうだろう、総走行距離は350kmぐらいだろうか。

帰宅後、ちょい早めのエンジンオイル交換をした。

作業終了と同時に辺りは薄暗くなっていった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です