そして本日、ハンドル微調整。小ネタっす。

2018.10.14(日)

ええいっ!ついでに今日の分も書いてしまえ!

ライダー目線モード。

かなりハンドル幅が狭くなって、グリップの角度が増したでしょう?

って、元のハンドル幅や画像がないから比較できないっつーの(笑)。

 

ちなみに、元のハンドルは幅が900800mm近くあり、今回のキジマ製ファットドラッグバー35°ベント1.25インチブラックの幅700mmと比較すると、両端で10050mmずつ短くなっている。

しかも、グリップ位置が35°曲がっているので、さらにグリップが手前にくる。

これだけ違うと、カワセで最初またがった際にはいわゆる「シボハン(幅を曲げて絞ったヤンキーハンドル)」のようで、両腕をかなり閉じたような乗車姿勢に感じた。

カワセからの帰路、新車納車と同時に交換したK&Hのシートとの相性も抜群に感じた。

やはり、ライディングポジションはシートとハンドルをセットにして(まずはシートを先に決めるらしいけど)考えないとダメなんだね。

 

画角の関係もあるが、カウルの両端から少ししか見えていないよね?レバー。

 

さあ、昼ちょい過ぎまで昨日の汚れを丁寧に取っていたので、いよいよハンドル角度の調整だ。

すぐに決まらなかったが、カワセ調整よりも若干角度を下向きに下げた。

オレはクラッチレバーやフロントブレーキレバーを常人よりも上向きにするため、その調整も同時に行う必要がある。

 

やっぱり幅が狭いね。

これで微調整OK。

来週は上記画像右に写っているスーパーシェルパ(2004)の週だから、その次までローライダーS(2017FXDLS)はお休みだ。

 

こうして三連休が幕を閉じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です