「きんこ」を求めて三重県志摩市志摩町和具へ。 2019年1月4日(金)

今日こそ「きんこ」、オフクロが食べたがっていた「きんこ」を手に入れるぞ!

年末年始の休み(12/29・30・31(AMのみ)・1/1・2・3・4)も最終日となった今日、長期休暇の「締め」を飾るべく、行先は三重県、って、結局3日共オール三重県だって(笑)。

いきなり志摩町っすね。

いつものように午前9時頃自宅を出発。

もう国道23号線は四日市手前の川越までで、そこから伊勢湾岸道に乗った。

まあ渋滞も3kmぐらいだったので、それほどストレスなく伊勢自動車道の多気SAまで走ることができた。

ただし、多気SAは普段と打って変わって超マン!オートバイだからどこでも駐車できるが、車だと大変だね。

同じような画像です。

まあ、皆さん行先は伊勢神宮ですよね。初詣。

よくこんな大渋滞と分かっているのに行けるよな。

同じような画像っすね。

多気SAからは数kmで玉城IC。ここで高速を下りて、サニーロードを南下。

まあ、いつものルートですね、はい。

ちょっとアングルが変わった?

南伊勢町の五ヶ所に下りてきたら、1月2日(水)に訪れた某スーパー五ヶ所店を正面に見て左折。

しばらく快走路を流せば、国道260号線。

このまま実家方面へ。

「実家に来たなぁ~」と実感できるのは、上記の何枚かの画像の場所なんっすよね。

ここはもう3歳で志摩を離れて以来、幼少の頃は毎年盆と正月、高校生ぐらいからは毎年盆に帰省すると必ず目にする風景。

「ああ、今年も帰って来たな。」と毎回しみじみと思う場所なんだよな。

今回は立ち止まって写真を撮った。

はい、ここが目的地の某スーパー和具店。

当該スーパーにはちょうど正午頃到着。お目当ての品と昼食を買い込み、画像の通り「屋上」でランチタイムとした。

かなり長い休憩をとり、12時45分に帰路に着いた。

もうここは鈴鹿辺りのコンピニだよ。

帰りはサニーロードを北上せず、少々遠回りして県道22号線を北上した。

これがかなりのロス(気持ちよかったからいいんだけどね)となり、例の東名阪道の亀山・四日市間は10km以上の大渋滞。

当然、亀山スマートETCで下りるわね。

これが「きんこ」伊勢志摩名産なんだってね。

2週間越しで手に入れることができたのだが、まあこの一袋で1,000円弱のお値段!これにはびっくり仰天だった。

高校生ぐらいからはあまり食べた記憶はないが、幼少のころから食べ慣れてきた、ほとんど「タダ」のように考えていた食べ物が、現在こんな価格設定で売られているとはね。

健康志向、自然食嗜好の名のもと、和歌山県北山村特産品の「じゃばら」同様、どうも関東の人たちが沢山買い占めていくらしい。

今回この「きんこ」は、某スーパーで購入したが、職場の同僚曰く、同じ志摩市の大王町でも売られているらしい。

ということで、自宅着は16時半ぐらい。走行距離は399km(惜しい!何が?)の日帰りツーリングでした。

ちなみにこの「きんこ」を食べたがっていたオフクロ曰く、

「昔食べていた『きんこ』の方が美味かったな。それに(値段が)高すぎる。砂糖なんか入れる必要があるのか?」、とのことでした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です