安かろう、悪かろう。変てこな日本語メール。2019.2.15(金)

半年ぐらい前に車載用掃除機をネットで購入した。

購入後一度も使用することもなく、そのまま車に積んだままだった。しかし、先日早朝ウォーキングに行った先の公園駐車場で、ひょんなことから「ちょっと掃除しようかな」という気になり、車のシガーライターソケットに電源をつなげてみた。

想定内と言えば想定内だが…。

すると、一瞬電源が入り、すぐに電源オフとなった。

その後、電源は一度も入らず…。

おいおい、これってハマったの?

いらん時間を費やしてしまったものだから、気が収まらない。

たとえ3,000円に満たない購入金額だとしても、みすみす被害を受けるだけではただの泣き寝入りである。

a〇〇〇〇n経由で販売元に書きのメールを送った。

『お世話になります。

下記商品を受け取り、本日(2019.2.9(土))初めて使用しましたが、一度電源が入ったものの、すぐに停止してしまいました。

その後シガーソケットへの抜き差しや本体電源スイッチのオンオフを何度試しても、製品は作動しません。

「1年保証付き」と〇〇〇〇商品説明欄に記載はありますので、30日以内の返品可能期限は過ぎてはいるものの、「正常商品との交換」対応は可能であると判断します。

つきましては、かかる返品に関する諸手続き等をご連絡ください。

よろしくお願いいたします。

(以下省略)

すると、3営業日程経過した後、返信メールが届いた。

このメールは次の返信が届いた直後に消してしまったので、簡単に内容を記すと、変てこな日本語のあいさつの後、状態の詳細を知るためにも、画像を送れとのことだった。『画像が添付されていなかったので』とも。

画像?電源が入らないという状況をどうやって画像で表現するのか?

仕方ないので、商品全体と梱包された商品の画像を添付し、「電源が入らない状態を画像で表現する方法があるのなら、その手法をご教授願いたい。」との旨のメールを送った。

参るね。

そうすると、さらに3営業日後、下記のメールが再度届いた。

『オートバイの旅 様:

(以下原文のまま)

返事が大変遅くなってしまい、申し訳ございません。

 平素よりご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。

このたびは弊社の検品不備により、 お届けした商品に不備があり大変申し訳ございませんでした。

無料の交換品をお送りしたりすることをさせていただくようお願い致します。

お手元の商品は、ご返品頂かなくても結構です。

この度はお客様に多大なるご迷惑をおかけ致しまして 申し訳ございませんでした

この度はLOZAYIを購入いただき、誠にありがとうございました。

 お客様が喜び満足していただけるよう、私たちが一生懸命努力することです。

 ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合せください。

 LOZAYI  』

3営業日後(2月18日(月))、夕刻帰宅すると、新品の同製品が届いていた。

時間も時間だったので、後日車のシガーソケットにつなげることとするが、返品の手間も省け、新品が送り届けられたから中華会社の対応としては「御の字」とするべきか。

まったくもって普通の対応なんだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です