名阪南在家ICから伊賀,曽爾,美杉など。2019.7.8(月)

本日は代休で平日休み。天気は怪しそうだったが、7/5(金)に「34日ぶりのライド」を体感した興奮が冷めやらず、中2日でローライダーSで走りに出かけた。

何でもない看板とそそり立つ岩盤をバックにして。県道81号線。三重・奈良県の県境付近

ただし、今回の画像は上下の2枚のみ。とにかく走りに徹した1日だった。もっとも後述の通り、帰宅後のオイル交換の実施をツーリング途上で思い付いたこともあり、またまた「急ぎ足」の行程となったことは否めない。

自宅を午前8時少々過ぎに出発し、いつもの安いシェルGSでガス補給。国道23号線を西進するも、予想通り平日渋滞。前回同様伊勢湾岸道弥富木曽岬ICから高速人となる。

ただし、今回は亀山ICを目指す。実家の三重県志摩市へのライドも考えたが、出発が遅くなってしまった事も有り、同ICで名阪国道(国道25号線)へスイッチした。

中在家(南在家?)ICで名阪を下り、お気に入りの県道668号線を南下。さらに県道2号線を爽快にやり過ごし、国道165号線から青蓮寺湖へ。

何度も走っている道だけれど、平日で交通量も少なく、気持ちの良いワインディングをVツインサウンドと鼓動を感じながらクリアしていく。たった2日前に走らせたばかりなのに、この高揚感と言ったらない。

何回も走っている道なんだけど、今回初ショット。

県道81号線をさらに南下し、三重・奈良県境付近の何でもない「ようこそ伊賀の国」の看板脇でローライダーSを止めた。一服するわけでもなく、ただ写真を撮って再び走り出した。正直何で止めたのか分からない(笑)。バックにそそり立っていた岩肌が目に留まったからかな?

国道369号線から同368号線で再び三重県入りし、美杉町の道の駅で本日初の小休止。

一服しながらツーリングマップを眺めていると、初老の男性が話しかけてきた。「今から峠越えるの?」

「はい。」

「峠から向こうはシンドイよ。景色が一変するからね。」

「ああそうですか。」

「わしは向こう(峠の東側)から車で上って来たんだけど、そりゃまあすごい道だよ。」

「なるほど。まあ気を付けて走りますわ。」

ご指導、ありがとうございます。ただね、私、当該峠は10回以上越えておりますので、よく存じ上げております (笑) 。名古屋ナンバーだから気を使ってくれたんだよね。

さて、小休止もほどほどに、その『景色が一変する(笑)』峠道を越える。

もうこの時点では帰宅後の「オイル交換」が頭にあったので、

伊勢自動車道のどこかのICから高速人になろうと考えていた。

結局久居ICから高速人となり、今日は名古屋西ICで下りて14時50分頃自宅着。東名阪道では大山田ICで最後の休息をしたかな。

本日の走行距離 305㎞ と控えめでした。

【続けて帰宅後のオイル交換】

15時過ぎだとまだまだ暑い。
ガレージがあれば恵まれた環境でメンテナンスもできるのにね。

結構オイルが汚れてました(汗)。やっぱり6,000㎞での交換は横着し過ぎたかな(笑)。せめて5,000㎞毎かな。

ちょっと、真っ黒けっけだよ!
もう10年来の定番、レブテックゴールド。製造は出光だとか。
よく見たら汚れてるじゃん。拭き上げましたよ。

このあとまだ時間があったので、ちょっくらシェルパに火を入れたよん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です