岐阜・滋賀県の峠。品又峠,ホハレ峠,鳥越峠 2019.11.23(土) その2

まあ、スキー場のゲレンデに入って縦横無尽に走り回るなんてのは無理な話ってもんだーね(笑)。

真新しいチェーンゲート。脇も固く、進入不可を強くアピール。

さあ、品又峠の脇から手招きしているダートに入って行こうじゃないの。

品又峠からさらに上を目指す。

ススキがかなり密生していて視界は悪いものの、特にガレてもおらず、ほぼフラットなダートをしばらく行くと、あれあれこんな亀裂がお目見え。

結構深いよ、これ。
落ちたら絶対上がれない (^_^;)
さらに先へ。

ススキの背が高くなってきたよ~。

ススキでも藪漕ぎって言うのかな (^_^;)

ちょっとガレてきたな…と思ったら、ここで崩落。ジ・エンド。

おっとっとっと・・・!

この状況、もしススキの藪漕ぎ中だったら真っ逆さま \(◎o◎)/!恐ろしや、ダート行脚。

20m程向こうにその先に続く道が見える。

すぐ左手には山頂付近の稜線が見えるのになぁ~。

こう見えて、ここは1,000mなんですぜ、旦那。
仕方ないな、Uターンだ。

崩落現場を大ジャンプできるわけもなく、あっさりとUターン。

写真では分からないが、遠くに雪をかぶった御嶽山が見えた。

一旦、国道303号線まで戻り、ホハレ峠へ向かうのだが、その前に「道の駅さかうち」で休憩だ。

道の駅さかうち。オートバイ乗りがたくさん集っていたよ。

【その3】へ続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です