滋賀県 御池林道、大杉林道 2019.12.8(日) その4(最終章)

大杉集落から再度御池林道に接続する短いダートに入って行く。

大杉集落から再度山へ。

さあ、短く狭い生活道路を上って行くと、現れた未舗装路。本日最後の1本かな。

適度な荒れ方でイイね。
途中でパチリ。
こんな感じでもっと距離があったらいいのにね。

また少し汗ばんできた頃には御池林道との出合いに突き当たる。

御池林道に突き当たる。
振り返って。
大杉林道を走らない場合は、奥から出てくる。 ところで『リーマン』って何だ?

そのまま下ってくると、県道34号線と合流して御池林道は終点となる。

県道34号線との出合い。

もう少し時間があればここから国道306号線に向かい、鞍掛峠方面へ走って途中から舗装林道へ入って行くのだが、今日はここで帰路に着く。県道34号線で犬上川ダム湖畔を走り、石槫峠トンネルを目指すのだ。

お?手招きしてるぞ(笑)。

ダム湖畔を走っていると、手招きする林道が・・・。入ってみるか。

おお、何かいい感じじゃん(^^♪。
いいぞ♪

ガーミンGPSの地形図でも、短いけどぐるっと回って再度県道に出てくるようだ。

あれ?道が無くなってるぞ(^^ゞ。

ところが寸でのところで行き止まり。おかしいな。シェルパから下りて辺りを見回したけど、道らしきところが無い。随分前に崩落したのかな。

まあ仕方ない。Uターン。

もうそのまま通り過ぎたら?

県道34号線をしばらく走り、さっき最後と言ったのに、またまた一旦通り過ぎてUターン。

ほら、単なる短い作業道じゃんか。

ということで、今日は帰路も高速人に変身せず、下道で自宅へ向かった。

16時04分自宅着 走行距離 198km 

滋賀県 御池林道、大杉林道 2019.12.8(日) その4(最終章)」への2件のフィードバック

  1. いつも気ままな林道ツーリングを楽しんでおられますね。今年は本当に暖かいせいもあって、心がゆっくり休めるトコトコですな、そして転倒してもケガ一つせずに帰って来られるのは日頃の鍛練のお蔭なのでしょうね。

    1. 春信さん、いつもコメントありがとうございます。
      確かに今年は暖かいですね。というか、温暖化の影響で毎年のように暖かくなり、近い将来冬が無くなってしまうのではないでしょうか。
      かなり前から「今年は暖冬で」などと言われ続けていますからね。
      転倒は・・・全くの想定外でした(^^ゞ。『鍛錬』と言うよりも、『プロテクター』のおかげではないかと(^^ゞ(^^ゞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です