三重県志摩市阿児町横山展望台 2020.1.25(土) その1

どこへ行こうか?そうだ、三重県へ行こう!

晴れてたらな・・・。

って、今年に入って、というか今月3度目だぜ(^^ゞ。

珍しく観光スポットを目指すことにした。志摩市阿児町、近鉄鵜方駅近くにある「横山展望台」である。

自宅を8時ちょい過ぎに出発し、まずは国道23号線で西進だ。

その前に、庭に出て車体カバーを外す際、ちょっと緊張した(と言うほどでもないが)。そう、先日タンク上にド猫の肉球跡を発見してからというもの、毎日気が気でなかったんだよね。そこで「番人くん」なる超高価(?)な超音波発生装置を購入したのだが、その効果の程も気になっていた。

で、車体カバーをめくると・・・お!足跡なし!これって、効果ありとしていいのかな?まあ、当分様子見だね。

「番人くん」の効果か?ド猫の肉球跡なし!

東名阪道四日市東ICから高速人に変身しようとしたが、それだとその後のルートがまた同じになってしまう可能性もあるので、今日はそのまま国道23号線を進む。しかし、ずっと同国道を走ると流れの悪い鈴鹿市街地やその先の津市街地を走り、松坂市内に入って行くという何とも味気ないルートになってしまう。もちろん IT 導入したローライダーSで走ることだけでも純粋に楽しいのだが、ここは久しぶりに国道1号線にスイッチし、亀山ICから高速人に変身しよう。

伊勢自動車道松阪ICで下りれば高速代も安く済む(690円也)。県道や国道で多少遠回りをしたが、勢和多気IC付近のローソンで本日初休憩とする。買い出しとホットコーヒー、揚げ鶏で一服だ。

再び走り出し、県道22号線で海沿いの国道260号線に出ようとしたのだが、同県道に入ってしばらくした橋の手前で川沿いの道へ。この道は多くのオートバイ乗りが曲がって行く道だったので、ちょっと気になっていた。どこへ出るのだろうか。なるほど、ここに出るのね。伊勢湾岸道玉城ICから南に下って来た県道169号線に出てきた。要はサニーロードだ。

ただ、この道は帰路も走る可能性が大きいため、どこかで「遊び心」を入れないといけないと考えた。そこでこのサニーロードの途中、横輪口交差点から同県道を逸れ、三桁県道で山越えをするルートを考えた。この時期、いつも通りの冬なら冬期通行止になっているであろう県道、山越えだが、こんな異常とも言える暖冬ならひょっとして走ることができるかも知れないと考えた。

さあ、ここからが「遊び心」の道だよ(^^ゞ。
いつもの六体地蔵さんたちも健在だ。

そうは言ってもお役所仕事、「例年通り」の時期のみの意図で通行止を施行している可能性も否めない。

で、ほどなく現場に到着すると通行止になっていない。県道169号線横輪口交差点からここまでは割りと距離があるため、ピストンは避けたいなと思っていた。

この時間は晴れていたな。

さあ、三桁県道720号線で山越えするぞい!

進入した直後は写真を写す余裕もないぐらい石ころやら落ち葉が堆積して割とスリル満点だったが、高度を上げるにつれて多少路面も落ち着いてきたので一安心。やっと写真を撮る余裕も出てきた。それでも石ころや落ち葉の堆積が消えたわけではない。轍になっただけ(^^ゞ。

はい、ここから南伊勢町でっせ。
うん、久々の三桁県道だ。
いつもの切通し。
ん?こんなところに林道入口か?
やはり。しかも何本かあるぞ。これはシェルパで再訪かや?

ピークを越え、所々で開けた場所も出現してくる。昼間なのに真っ暗で、しかも路面が石ころや落ち葉の堆積じゃね・・・(じゃあそんなところ走らなきゃいいじゃん、っていうツッコミはなしね(^^ゞ )。

かつての集落跡かな。石垣が点在している。
晴れていれば遠くに海が見える場所だな。
かなり路面も落ち着いてきた。だけど、かなり真新しいアスファルトの修復跡がある。路肩がよく崩落するんだね。
かなり落ち葉轍も落ち着いてきた。
もう集落も近いかな。

走り始めて30分弱、やっと集落に下りてきた。三桁県道を走り終え、最初にほっとする場面が集落を見た時だ。人工物を見た時なども同様に安堵する。

ミカンの木がたくさん植えてあった。

この少し前辺りからミカンの皮や食べ残しが道路に散乱していたが、野生動物(猿か?)の仕業かな。

奥から下って来た。

さあ、県道12号線との出合まで来た。これを左折して剣峠を越えて行くと、この道は伊勢神宮の観光バス駐車場にいきなり出る県道なんだけどね(^^ゞ。今日は右折して海に向かうぞ。

さあ、ノンストップで横山展望台を目指すよん。

【その2】へ続く。





三重県志摩市阿児町横山展望台 2020.1.25(土) その1」への2件のフィードバック

  1. 美しいリアス式海岸は何度でも見たくなる風景ですね、私も是非行ってみたくなりました。それにしても相変わらずビッグバイクで細い道に入り込んでますな、性(さが)なんでしょうね。是非またシェルパで・・・、私も同好させてくださいませ。

    1. 春信さん、いつもコメントありがとうございます。

      郷里であることもそうですが、やはりここら辺は落ち着きます。標高は高くないものの、山間に入って行く道もありますしね。
      ただ、やはり「探索」となると、ローライダーSではなく、当然シェルパの独壇場ですよね(^^ゞ。
      ハーレーで三桁県道、これ、おっしゃる通り「性(さが)」でしょうね。単なる嗜好でもありますが(笑)。
      また是非、探索に出かけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です