三重・奈良・京都の県道紡ぎ。帰路ショップに立ち寄った。2020.6.27(土)

先週に引き続き、今週もローライダーS Rideっす。

翌日(6/28日(日))はM氏との林道行脚の予定だからね(結局2回連続雨で中止になったけど(;^_^A )。

走行前、シフトペグを標準タイプに交換した。


朝5時半起床。走行前に作業をするためだ。

①シフトアームをシーソーから標準タイプに戻す。

②プラグ交換(イリジウム⇒標準プラグ)

実は①の作業はちゃちゃっと終了させたんだけど、②をすっかり忘れてしまい、もう出発できる服装や装備にし終わった時点で思い出した(^^ゞ。

もちろん交換しましたよ。

どれどれ…。まずは後から。

前はどうよ。

ということで、上げた拳じゃなくて、出したプラグは交換すっぺ。

結局自宅を出たのは7時50分だった。

プラグをイリジウムから標準に戻したので、いわゆるperformanceは落ちるだろうと予測していたのだが、これがどうして、最初の信号待ちまでの数百メートルで、

「あれ?元気いいじゃんか!」

と感じてしまった。

やはり標準プラグでも新品だといい火花が散るのかな。約10,000㎞走行後のイリジウムと新品の標準プラグでは、後者に軍配が上がるんじゃないか。

さて、前夜までは実家の志摩市までブラっと行こうかな、と考えていた。前回は林道走りだったしね(^^ゞ。

ただ、国道23号線の中勢バイパスを走行していると、津ICの手前で大渋滞に遭遇。これはやってられないと手前のICでバイパスを離脱し、得意の県道紡ぎに変更。それでも方角的には南に向かっていたんだけどね。

知らないうちに国道163号線に合流するも、より刺激的な道(?)を求めて県道28号線に折れた。ガーミンGPSを見ると、どうやら榊原温泉に向かっていくらしい。

続いて見覚えのある県道15号線方面へハンドルを切って同県道を進むと、「君ケ野ダム」の案内標識。ここのダム、長男が小学生の頃、二人でキャンプした帰りにトンボが大量に飛んでいて虫取り網で追いかけまわしたダムだ。懐かしいな。

狭路を駆け上がって行くと、何やら休憩所にたどり着いた。ここでちょうど時刻が10時。

お、エンジンがすぐに止まったぞ。いや、2~3回の内1回の割合で起こる症状(メインスイッチを切ってもエンジンがすぐに停止しない。)だからな。まだまだ分からないぞ。

ちょっと加工しました(^^ゞ。


営業中ののぼりは立ってはいるものの、人の気配がしない。いやいや、駐車場の端に従業員のものらしき車両が止まっているし、玄関の扉も開けっぴろげだ。確実に人はいるぞ。

店内に入ってみたが、誰も出てこない。とりあえずトイレだけ貸してもらい、再度店内に戻ってくるも、誰もいない。どうやら軽食を出すような休憩所のようで、テーブルとイスが10組ほど配置されている。レジもあるし。

こいつも加工してみました(^^ゞ 。



のどが渇いていたので水を買おうと思っていたのだが、自販機がない。代わりにレジの横にペットボトルが3本陳列してあり、どれも「1本200円(!)」ですって!!

まあ、ここまでの運送費と言われればそうなんだろうけど、そんなに山奥でもないっしょ?

スイマセーン!すいませーん!

返答なし…。

『御用の方はベルを押してください。』

ああ、呼び鈴があったのか。

チーン!

「はぁーい。」

なんや、おるんかい!

体は大きいが、70歳は越えているだろうお爺さんが奥(厨房かな?)から出てきた。

「お茶もらえますか?」「ああ、お茶ね。えーっと、いくらやったかいな…。」

100円玉が1枚しかなかったので1,000円札を出すと、「えーっと、お釣りがなかったかなぁ~。」と出てきた場所とは違う部屋(事務所だな)へ入って行った。あれ?目の前にレジがあるのに?

自身の小銭入れを持って来たお爺さん。「小銭あったかいなぁ~。」と(^^ゞ。

ふぅー、お茶をペットボトルの半分ぐらい飲んで落ち着いた。もうかなり暑いぞ。



さて、ここからのルートはどうしようか。持参したいつもの簡易コーヒーセットでbreakでもしながら、とも思ったが、まだまだ先は長いので(一応2杯分持参しているが)我慢した。一服したり、メール打ったりしていたらあっという間に1時間経過してしまった。

よし、スタートすっぺ。

今日は忘れずに持って来たよ、iPod nano 16GB 。



音楽をセットしたが、予想通り音量が無さ過ぎ!

Vツインサウンドが炸裂したら全く聴こえない😞

まあいいや、とにかく付けっぱなしで走ろう。

10分程走行して思い出した。

『一旦プログラムをノーマルに戻してみたらどうですか?』

とのショップ社長の言葉を思い出した。

パワービジョンのプログラムのことだよ。

久しぶりに書き換えるな…。やり方を思い出すのに一瞬動きが止まってしもうたぞい(^^ゞ。



ノーマルモードに戻して走り出したのだが、これがまあ、スロットルを捻っても前に出ていかない。のっそのっそと出ていく感じ。というか、捻ってワンテンポ遅れてのっそのっそという感じだ。こんなに走らなかったか?初めてDラーで試乗した際は、「すっげぇーパワーじゃん!さすが110(キュービックインチ)エンジンだなぁ~」って感動したんだよな。

やっぱりインジェクションチューニングは凄いな。やって良かった。

ということで、ノーマルモードで10分程走行してすぐ、これまた久しぶりに、行きつけショップの社長オリジナル、「DOCO ECO モード」に変更した。うん、パワー的にはさほど違いはないけど、その名の通りドコドコ感が増しているので、ゆっくり走らせていても気持ちがいい。高速走行ではつらいかもしれないけど、もうガスもショップまでギリギリだし、このままショップまで走らせるか。

さて、ここからいつもの社長のショップまでの画像は一切ありませんm(__)m。

走りに徹したというか、毎度のルートというか、とにかく走っていて気持ちが良かったんだよね。

ダム休憩所から美杉村方面へ南下し、国道368号線で西進。途上北へ進路を変え、名張市を目指した。

名張市桔梗が丘のローソンに着いたのが正午頃。買い出しをして一服。

お、ここでもエンジンは正常停止だ。本日4回目の停止時。

それにしても、レジの女の子がめっちゃ可愛かった(^^ゞ。愛想も対応も良かったし。おっちゃんキラーだぜ、あの娘…。

好きです、名張市(^^ゞ。

名阪国道(国道25号線)を横断し、奈良、京都の県境付近を北上する。途上月ヶ瀬地区も走ったが、通り過ぎただけで休憩もなし。

南山城村で国道163号線に出た。ここは京都府なんだね。

同国道を今度は東進。この国道は大学時代、長期休みの際は名古屋・大阪間をオートバイで何度も往復したよな…。あらから何十年だ?

伊賀一之宮ICから名阪に乗る。すぐの伊賀SAで最後の休憩だ。この時点で13時30分。

お、ここでも正常停止

もう大丈夫なんじゃないか?

14時にはスタートし、いつもの社長のショップには15時着だった。

ショップ前でも正常停止☻

15時ジャスト着。信頼できるオートバイ屋です。




例の症状(メインスイッチを切っても2~3秒エンジンが回っている)について15分程話し、パワービジョンモニターでのエラー確認もしたが、結果的に「そんなに心配しなくても大丈夫ですよ。」と言われ、一先ず安心した。

なお、先週から本日にかけて、メールや電話で社長とやり取りした内容については、次回アップします。

ショップ近くのGSで満タンにし(15.97Ⅼ入った)、名古屋高速で帰路についた。

15時55分自宅着。走行距離 318km

三重・奈良・京都の県道紡ぎ。帰路ショップに立ち寄った。2020.6.27(土)」への4件のフィードバック

  1. kz-bluesさん こんにちは。
    謎の現象改善して良かったですね・・・私も燃調をしているので心配していました。 プラグもしっかり焼けている様ですのでカーボンかすの心配も無いのかと・・・。
    それにしてもパワービジョンはいいですね!! 私のはスーパーチューナーでの燃調なので以前どんな状態だったかすっかり忘れて仕舞いました。 車検時にマフラーを変えて吹け上がらないな~と感じたぐらいで、いくつも切り替えができるのはとても羨ましいです。
    話は変わりますがハイオクの混ぜ混ぜ話にはがっかりです・・・私はENEOS信者だったのに~。

    1. mituruさん、コメントありがとうございます。
      いやぁ~ホッとしました(^^ゞ。
      例のDラーのメカニックには、またヤラレましたよ。
      パワービジョン(モニター付き)もいつもの社長のおすすめだったので、大正解でした。
      ノーマルモードに入れ直すことなど、今回のようなことが起きない限りほとんど使わないのですが、車検時にももちろん使えます。

      ハイオク混ぜ混ぜ話は、恥ずかしながらこのコメントで知り得ました。
      毎日新聞のネット記事を読みましたが、呆れたのと同時に、「どの業界でも」やっていることなんだろうな、という感も払拭できないですね。
      ヤングマシンというオートバイ雑誌の過去記事(ネット版)で、「ガソリンで出力は変わる?」という記事をネットで見つけました。
      昨年9月の記事でしたが、ENEOS、コスモ石油、昭和シェル、出光の4社ハイオクで、明らかな差異なしという結果でした(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です