奥伊勢の森「七保ベース」野あそび村キャンプ場。獅子ヶ岳途中まで山歩き。2021.8.28(土) ・29(日) その2

さあ、晩飯の準備だ。

何だかお疲れ気味の次男。覇気がないぞ。

奮発してマングローブの炭の倍額する備長炭を購入したのになぁ~ Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)/ 。

夏休み中、ほとんど家中にいた息子たち。たった1時間半の山歩きでも疲れた様子だったが、『次は竜ヶ岳(三重・滋賀県境)に登りたいね。』、と口をそろえていた。

さあ、俺は coffee break でもするかな。

少し肌寒いぐらいが、たき火にはいいよな。今日はちょっと暑いぞ💦
一人たき火を見つめて coffee break する父の図。

22時前には俺もテントの中に入ったが、これが暑くて中々寝付けない(;^ω^)/ 。

それでも1時間後ぐらいには眠りについたのかな・・・。

翌、29日の朝🌞

6時30分、父はそろそろ腹が減ってきたものの、先に食す訳にもいかず、 まずは coffee break のみとした。

その1時間後、長男、次男の順で起き出す。

簡単に朝食準備をし、いざ我が家の定番キャンプ朝飯スタート。

さてと、さらに日が高くならない内に、テントの撤収としますかね。

『来た時よりもキレイに。』が、我が家のキャンプマナーの内の一つ。

さあ、撤収と荷積みも終わったし、ちょっと下の川まで下りてみるか。

さあ、そろそろ帰るか。

9時30分、さあ、帰るか。

『チェックアウトは正午』と、かなりゆったりできるキャンプ場だが、9時半過ぎには帰路に着いた。

連泊するグループが3組ほどいたが、やはり長男ではないが、1泊2日のキャンプは忙しいな。行きます来ますだもんね。これはキャンプじゃなくても通常の宿泊施設でも同様だ。最低でも2泊3日は確保したい。そうすれば、現地で丸1日遊ぶことができるからね。

そうそう、チェックアウト時に管理人さんがおらず、挨拶もしないまま出てきてしまったのでちょっと後悔している。

この場を借りてお礼を申し上げます。

ありがとうございました。また、利用させていただきます<(_ _)> 。

短い時間だったが、息子たちと楽しい時を共有できて満足できた。次は是非とも2泊で行きたいね。

9時37分、同キャンプ場を後にした。

帰路はヴィソンのすぐ近く、伊勢自動車道勢和多気ICから高速に乗り、伊勢湾岸道長島SAまで爆走。13時前には自宅に着いた。

車から荷物を降ろし、次男がテントやシュラフ類をベランダに干した。カンカン照りだったこともあり、1時間も干したら十分乾燥させることができた。早速取り込み、たたんで収納バッグに収めることができた。

使用した食器類やバーベキューコンロは長男が洗った。こちらも照り付ける太陽光のおかげで即乾燥。ケースに収めて終了だ。

さて、予想外に早く済ますことができたキャンプ後の始末。まだ時刻は14時過ぎ・・・。

これは何かできるぞ、と庭のローライダーS を見た(^^ゞ 。

以上、息子たちとの夏キャンプレポでした ヽ(^o^)丿 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です