【シェルパ】林道入口探索のつもりが、開かずのゲートがオープンでダート30km強走破。2022.11.26(土) その2

さて、 coffee break っすね。

太陽光パネルを眺めながら coffee break 。

break中に1台、会釈しながらオフ車が駆け上がって行った。バイザー付ジェットヘルにゴーグルのオールドスタイル。車種は恐らくヤマハのセロー225じゃなかったかな。口元がニヤついて楽しそうだったぞ(^O^)/。

13時05分、至福の時間。

30分程breakして再スタート。

すぐにいつもの獣除けゲート。

さーて、一旦国道365号線に戻り、県道229号線にスイッチ

ここからが当初のミッションだったんだよね。

祖父谷集落から延びる林道だ。

さらに進むと・・・

うーん・・・

走行中気が付いたのだが、軽トラのタイヤ痕に混じり、オフ車のタイヤ痕もずっと続いているぞ。このタイヤはトラタイヤだな。

さらに深部へ。

ちょっと歩いて見てくるか。

ソロ行では無理厳禁だからね。

ここから九十九折でさらに高度を上げて行くのだろうけど、ちょっとこの荒れ方では無理だな。

上手くいけば、もし、完抜きできていたら、地形図上では先の上石津作業道に通じているんだけどね。

仕方あるまい。もう一カ所探索だ。

小集落を抜け、名神高速をくぐり、今須集落へ。

ここは無理だな。堅牢ゲートと工事中。工事完了後はどうなるのか分からないけど、地形図上では作業道に届いていない。堰の管理道路か、また新たに必要のない堰を作るのだろう。

さて、時刻も15時前となった。明るいうちに自宅着としたいので、そろそろ帰路に着きますかね。

復路も同じ県道で国道365号線へ。

復路も高速は使わず、オール下道で走行。いつものGSでガス補給をしようとしたが、結構混雑していたんでスルーした。

明日きっちり洗車した後、乾燥走りでGSに行けばいいしね。片道2.7kmだし。

自宅着 16時40分

本日の走行距離 199km

さすがに到着するやいなや、辺りは真っ暗に。

これは若干編集し、実際よりも明るい画像になってます。

※帰宅後ガーミンGPSを振り返ってみると、もう1本探索せねばならない入口があった(・_・;) 

完抜きだと作業道に届いているので、期待を込めて今度行ってみるかな。

Author: kz-blues

ハーレーやオフ車で気ままに走っていれば、気分上々のオッチャンです。ギター(エレキ、アコースティック)も弾くし、革細工もやる。自転車(ジオス・スパジオ)も早朝トレーニングで乗っているよ。1分1秒でもハッピーに過ごせたらいいなぁーと毎日を生きています。

2 thoughts on “【シェルパ】林道入口探索のつもりが、開かずのゲートがオープンでダート30km強走破。2022.11.26(土) その2

  1. 春信 says:

    突然のゲートオープン、嬉しいですね

    ダートがほぼないこのご時世、そう聞くだけでムズムズ

    春を待たずに行きたくなってきました

    返信
    1. kz-blues says:

      春信さん、コメントありがとうございます。
      そうなんです。このゲートがオープンしているのを見たのは5年ぶりぐらいなんですね。
      思わずミッションそっちのけで駆け上がりました(;^_^A 
      出口も萩原で確定してますからね。

      今シーズン、ギリギリ間に合うかもしれませんよ(^_-)-☆

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です