やっぱり、デジカメを交代させた。2020年3月14日(土)

仕方あるまい。光が入るともやがかかったように写るんだもんね。これって散財(^^ゞ

まずは午前中に届いた。

はい、デジカメ購入です。

今回の投稿画像も何だかモヤがかかったようになってますよね?そう、もう限界っすね。メルヘン画像じゃああるまいし、毎回すべてにモヤがかかっていてはね…。

ニコンのクールピクスW300です。

最初候補に上がったのはオリンパスのTG-6だったんだけど、とにかく高価。ネットで5諭吉するってのはどうよ、と。俺はカメラのウンチクを述べることができる程の知識・技術・経験もないから、カメラに対する要望は「ツーリング中にジャケットの胸ポケットに入る大きさ」と、「より広角なレンズ」、「明るいレンズ」の3つだけだった。もちろん「アウトドア用」であることは言うまでもないが、メーカーにはこだわりはなかった。

これがセット。真ん中下は追加購入した中華製予備バッテリー。

オリンパスは高価極まりなかったが、もうポチる寸前までいっていた。しかし、寸止め(^^ゞ。やっぱり実物を見に行こう、とね。

そこで某家電量販店に出向き物色。当然オリンパスのTG-6も手に取ってみたが、やっぱり高価。ちょっと他機種と比較して抜きんでて高価。いっそのこと同じフジのXP(現在は140。俺のは130)にしようかと考えたのだが、広角28mmってのがね。

その前に所有していたオリンパスTG-850が広角21mmという驚異的なものだったのと、自撮りOKの液晶180°可動チルト式ってのがすごくお気に入りだったんだよね。でも、そのお気に入り要因の1つである液晶が壊れた。しかも修理してもすぐにまた壊れる欠陥品という沢山の投稿もネットで見てしまった。

今度から、こいつがツーリングのお伴っす。

最終的に今回のニコンになったんだけど、オリンパスより2諭吉も安価だとは思えない性能と質感だった。広角もオリンパスTG-6の25mmより1mm広角の24mm。まあ1mmの違いじゃん!って思うかもしれないけど、実際店舗で液晶に移る画像・画角を見ると、ニコンの勝利だったわけさ。まあ、それで決まりってね。

レンズの明るさはオリンパスの勝利だったんだけど、ニコンは現在所有のフジよりも明るかったからOKってわけさ。

はい、午後からもう1つ到着。
付随する小物っすね。

左から32GBのSDカード(おまけで付いてきた。)、液晶保護フィルム(これってホントにいるのかな?高いし。)、カメラケースセミハードタイプ(気分的に新調してみよう、と。)。

新旧相棒比較(^^ゞ。色はXPの方が好みっすね。
裏側。もう初回充電に入っておりまする。
2年弱と短い付き合いだったけど、ありがとね、フジXP130!!

ということでカメラも新品になり、翌日(3/15(日))のローライダーS でのツーリングに持参できるぞ!

そうそう、このニコンさん、GPSも付いているんだよね。1日の移動ルートを記録するんだってよ。ほぇー、最近のカメラってすんごいっすね~(もうかなり以前から?)。もっとも、俺はガーミンの登山用GPSをいつもハンドルバーにセットしてあるから、カメラに位置情報はいらなかったりするんですけどね(^^ゞ。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です