ローライダーS で初ダート❕クマにも遭遇❕福井県寸断国道476号線が完抜(県道にね💛)していた。2020.6.20(土)その1

まさかハーレーで約8㎞のダートを走るとは思わなかったな(^^ゞ 。熊にも遭遇したし(;^_^A 。

約8kmのダート走行終盤。次は・・・ないかな(^^ゞ。


2週間振りのローライダーS ライド。先週は雨だったからね。

行先は珍しく前夜に検討し(といってもアバウトに)、福井県の寸断国道476号線の『現地確認』とした。

朝6時に起床はしたものの、痛風発作以来、ツーリング当日の朝も平日朝と同等のルーティーンワーク(ストレッチ⇒軽筋トレ⇒朝食)をこなしているため、何だかんだで出発が8時ちょい過ぎとなる。

12時10分。本日3回目の休憩地、福井県南越前町小倉谷集落慈眼寺前トイレ駐車場
ここから瀬戸集落を通り過ぎ、核心部へと入って行った。


国道23号線から同258号線、421号線へと走り継ぎ、石榑峠のトンネルを抜ける。

三重県から滋賀県に入ると、永源寺からお気に入りの県道34号線で国道306号線の通る多賀町へ。

名神高速道路彦根ICを目指すも、酷い渋滞に辟易とし、いつもは通り過ぎるだけの彦根市内国道306号線沿いのローソンに in 。コーヒー&買い出し、一服で小休止。

彦根ICから高速人となり、北陸自動車道木之元ICで下りる。

同慈眼寺前駐車場。のどかな山間の集落だな。


さあ、ここからもお気に入りの北国街道で北上するぞ。

だがしかし、北の方角の山の上には暗雲がどっしりと構えてやがる。まさか雨?天気予報ではどこにも雨マークなんてなかったじゃんか…。

ええい、ままよと北上。しかし、10分と走らないうちにコネリーズのシールドにポツリ、またポツリと雨粒が…😢。

意地を張って(?)数分走るも、路肩で名古屋ナンバーのビッグスクーター氏が合羽を着衣している場面を目にする。

それを横目で見ながら通り過ぎ、俺もローライダーS を路肩に止めた。こんな時にこそ、と再デビュー後3ヶ月に満たないスマホで雨雲レーダーを凝視する。

は?雨雲なんかどこにもないやんけ~、ワレェ~!どないなっとんじゃい!

数時間後の予想図を見るも、雨雲は全く現れない。

ほな、行こか、と走り出した。

雨が激しくなることはなかったが、濡れた路面から跳ね上げられる水しぶきがコネリーズのカウルとタンクの間から飛び出してくる。おお、日ごろのお手入れがいいからタンクが水を弾いているぞい!なんて悠長なことが言えないくらい水しぶきが舞い上がってくる!

結局ロワフェアリングが付いているのに、両足のひざ下は完全にアウト(ツーリングファミリー用を熱変形させて装着したんだから仕方ないのかね・・・)。まあいいや、気温も高いしそのうち乾くだろうと走り続けた。

12時35分。本日の目的地始点、国道476号線の杣木俣集落


それにしても、ロンTに革ベストの出で立ちではチト軽装すぎたな…。永源寺の山間やここ北国街道では晴れていてもちょっと寒いぞぐらいだ。これなら上着は革シャツにすればよかったな…。まあ、後の祭りっす(^^ゞ。

自宅を出発して約3時間40分、滋賀・福井の県境である栃の木峠を越えた。ここからは福井県南越前町だ。

ここから下って行き、燧(ひうち)交差点を東に折れると国道476号線だ。

冒頭の慈眼寺前トイレ駐車場で軽く低糖質パンをかじり、一服と水分補給をする。

ここからが本日のメインだからね。

瀬戸集落を過ぎてすぐ、国道476号線の核心部分に駆け上がって行く最後の集落、杣木俣(そまきまた)に到着。

ここはエレグラでもシェルパでも来たな。

さて、少しだけ上って行くと、何と現れたのは・・・

ダートじゃんか!

ダ・ダッ・ダートだ!
でもここってさ、その昔はコンクリ舗装じゃなかった?

ほらね、舗装してあるじゃない。
2017年6月3日(日) 12時12分の画像。デジタルってスゴイ!って当然か(笑)。


でもね、あんまり迷わずにダートに入って行ったんだな、これが。

どうしてだろう?フラットっぽいダートだったからか、シェルパで来ているのと勘違いしていたのか、はたまた単なる勢いだけか・・・。

とにかくこの国道は上画像のように確か工事中で、通行止の看板が設置してあった。実際3年前に上って行った時も、絶賛工事中でその先は走行不能だった。

ところが、今日は「通行止」の看板が一切設置してなかったばかりか、『この先通り抜けできません。』の看板もなし。あったのは『この先大型車通行できません。』という看板のみ。

え?大型車以外は通行可能ってこと?通り抜けできる、完抜できる、寸断国道476号線が開通している(最新地図では開通してないけどな)????

どこへ抜けるのか皆目見当がつかないものの、どこかへ抜けていることは間違いないようだ。しかも『大型車は通行不能』だが、それ以外なら行けるってことだ。

それならずっとダートではなく、精々舗装のパッチワークではないのか、と判断したわけさ。

そんなことを誰もいない山奥で考えていると、何かローライダーS の下を物体が通り抜けたぞ。何だ?

こうしてゲロンパ(by James Brown 愛する黒人アーティストの一人)のお見送りも受けたので(?呆れてるんだぜ、ゲロゲーロ!)、もう突っ込むしかないでしょうよ。

ガレてきたらUターンすればいいし(Uターンできる幅員があればいいけどね、ゲロゲーロ!)、万が一倒してもエンジンガードが付いてるんだよん♡

はい、スタート直後はフラットダートっすね。

オンロードと違い、砂利のせいで異様にハンドルが軽い(^^ゞ。



ということで、その2へ続きまーす!ゲロゲーロ(もうええっちゅーねん)。

ローライダーS で初ダート❕クマにも遭遇❕福井県寸断国道476号線が完抜(県道にね💛)していた。2020.6.20(土)その1」への9件のフィードバック

  1. kz-bluesさん こんばんは。
    てッ、ハンドルが軽い~と簡単に仰いますが300㎏超えの巨体でハンドルが軽いと言う事は全くブリップしていないのと同じで私には絶対に真似できません。 日頃からシェルパでダート走行している方の成せる技と感服致します。 パート2楽しみにしています。 熊、出てきます? 

    1. mituruさん、コメントありがとうございます。
      『ハンドルが軽いと言う事は全くブリップしていないのと同じ~』
      そう言われると、そうだったのかも知れませんね(^^ゞ 。
      確かに、かれこれ5年強シェルパで林道走行していることが大きいと思います。
      要は「慣れ」とでもいうのでしょうか。途中でスタンディングなんかして、「あ、シェルパと勘違いしてないか?」って独語を発してましたから(^^ゞ。
      残念ながら、クマに遭遇はしたものの、画像や動画は収録できませんでしたm(__)m。
      最近、というかもう1年以上アクションカムを使用していないので、いわゆる「決定的瞬間」を記録することができません。
      それにしても、数少ない(2回)クマとの遭遇は、いずれも福井県のこの辺りです。生息数が多いのでしょうか。

  2. おはようございます。
    ハーレーでダートですか?
    飛び石による傷は大丈夫でしたか?
    では、仕事でもしますわ。

    1. 服部さん、コメントありがとうございます。
      まあダートと言っても、シェルパで走っているようなダートではありませんでしたので(結果論ですが(笑))、
      何とか走り抜けることができました(^^ゞ。
      飛び石は・・・
      数回腹にカンカン当たっていましたよ(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です