予定を変更し、三河林道散策。2021.4.3(土) その2

さてと、たっぷり30分は休憩できたんで、そろそろ別エリアに向けて出発するか。

舗装林道から延びるダートに入ってみたが…。

少しだけ走って登山道の幅員になったのでUターンっす。

右に曲がってすぐ、道が階段上に変化していた。徒歩で確認しに行って大正解!

舗装林道を気持ちよく走っていると、急に何かの植物群生が現れた。

帰宅後調べたけど分からなかった。でもこの一角だけに群生していて思わずシェルパを止めてしまった。

一旦集落まで下りて、またお山に駆け上がって行きますよ。

ああ、この風景は記憶にあるな。

さて、川沿いに舗装林道(町道かな?)を上っていくと、見慣れた舗装林道の入口が現れた。

この超ロング舗装林道(20㎞近くあるんじゃね?)をクネクネしながら北上し、くらかけ渓谷まで行ったら県道途上にある林道にINしようと考えていた。

まあそのつもりでクネクネ走っていたのだが、気になるチェーンゲートが現れた。

ここも記憶にある枝道なんだけど、以前からこんなに甘かったかな?

まあいいや、方角的には外れていないからINしてみるか。

ところが…(;^ω^)/

何なんだ、深溝の連打は!!

ちょっとこれには参った。軽くフロントアップしても後輪がドスン!と溝に入ってしまうので、シェルパの腹がガリッ!って擦るわ擦るわで大変。こんなクランクケースカバーが擦ることなんて滅多にないぞ。

本当に行けるのかな?

というか、現地現場では色々枝道に入ったり、路面状況を見ながら進んでいったけど、帰宅後地理院地図を見たら…道が途切れてるでないの!

でまあ、2者択一だったんで、まずは南方向へ。

するってーと・・・

よし、戻ってもう一方の方へ行ってみっぺさ。

記載のない道の復路で。杉の枯れ落ち葉が堆積してフカフカ。気持ちがイイったらありゃしない (⋈◍>◡<◍)。✧♡

記載のないT字路を過ぎると、何やら下ってさらに分岐に出た(地理院地形図には交差点なし)

よし、駆け上がってみるか。

オウッ、ここは地形図通りの行き止まりだ。

復路でちょっと(-。-)y-゜゜゜

いいなぁ~こんな景色と空気を独り占めだヽ(^o^)丿

気になった枝道に入ってみると・・・。

ということは、県道へ抜ける道はただひとつだね。

そのまま下っていくと・・・

あれ?チェーンゲートが?行・け・る?

地形図に記載のないダートだったけど、最初の深溝連打でも先達のタイヤ痕が複数残っていたので割と安心して走破できた。それにしても、タイヤ痕にIRCツーリストが多いのはさすがだね。あ、ダンロップのトラタイヤの可能性もあるのだけれど(^^ゞ 。いえいえ、ミシュランにもトラタイヤはあったよね?

さあ、ロング舗装林道を行くより若干遠回りになったけど、最後の1本目指してくらがり渓谷を目指すぞ。

何度来ても、ここの風景は好きだな。

途上二股に入ったが、すぐに行き止まり。

さあ、最後の林道も終わりに近づいてきた。

今日はよく走ったな。もうこの時点で体のあちこちが軽い筋肉痛になってるぞ(;^ω^)/。

こんな長閑な場所でマッタリできる林道行脚。もうしばらくは止められない。
(-。-)y-゜゜゜と、ここで前後タイヤに空気充填。

ここで道を少し入って小用を足していたら、何やら「ザッ、ザッ」と足音が聞こえてきた。

もう終いかけだったのでそんなに焦らなかったが、シェルパの方に目を向けると、そこにはうら若き山歩きガールがソロで歩いてきたではないか (;^ω^)。こちらを見てはいなかったが、あきらかに「こちらを見ないように」歩いている不自然な首の角度だった(笑)。

見ぃ~たぁ~なぁ~ (⋈◍>◡<◍)。✧♡

まあ減るモンじゃなし、勘弁してやるかヽ(^o^)丿

オッチャン、次回は許さへんで!って何するんや?そもそももう二度と会わんやろ!

さあ、帰路に着こう。

いつもの東海環状道豊田松平ICから高速に乗ってもいいのだけれど、日も長いし、往路も1時間強で名古屋から到達できたことを思い出し、復路も知立バイパスをChoice。

国道23号線は大高から名古屋市内で渋滞するだろうけど、ローライダーS と違ってシェルパならのんびり行けるからいいや。

案の定国道23号線の例の地区は混み混みだったけど、 DOHC 250㏄ 単気筒の鼓動と小気味良い排気音がイライラを寄せ付けず、蒲郡ICから1時間07分で自宅着。

もう曇ってきた。明日は雨だろう。

2週前にローライダーS で走った尾鷲市須賀利地区のダートをシェルパで走行できなかったのは残念だったけど、久しぶりの三河林道散策は新たな道も発見できたこともあり1日楽しめた。

まだまだ未踏の地があり過ぎてどこから走っていいのか分からない状態だけど、時間の許す限り走ってやろうじゃないか!まだまだオッチャンは走りまっせ!

10,000㎞の中古車で購入し、7年目に突入した我がシェルパ。

47,000㎞を超えて益々絶好調。こりゃ100,000㎞も夢じゃないな。

16時43分 自宅着

走行距離 226㎞

【走行後】

いよいよシリンダーヘッドカバーのガスケットを交換しなきゃいけないな。パーツ自体は昨年揃えたから、いつでも作業はできるし。

若干漏れが増えてきたような・・・。『シェルパの持病』らしいから仕方あるまい。

ただし、交換後5,000㎞位でまた漏れてくるとか (;^ω^)/ 。

それが、カ・ワ・サ・キ (⋈◍>◡<◍)。✧♡

予定を変更し、三河林道散策。2021.4.3(土) その2」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。

     まだまだ書類作り、実績が終わってない服部です。
    改正で追加項目を重説に追加し、利用者に署名受けって全然、簡素化になってませんよね。

    本題にはいりますが、山ガールに出会った時に「オレオレ」って一物をだして追いかけてやらなかったんですか?

    シェルパですが、1万キロで購入されたそうで、そうそう、先日、ぶらっととあるバイク屋に行ってみたら、当然中古ですが、2千キロ程度のモンキー(新型)があったり、5千程のオフ車、8千ほどの大型バイクがあったんですけど、どんな理由で売っちゃたんですかね?
    まさかメーター戻し?って感じではなく、とても綺麗でしたし、年式も新しいし・・。
    もやもやしながら帰ってきました。
     

    1. 服部さん、キワドイコメント、勘弁ありがとうございます。
      いくら山奥でもそれはご法度ですよね Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

      改定にかかわる届出書は、なんとか〆切消印で提出することができてホッとしています 。

      ハーレーなんかでも、走行距離が少ない車両はいくらでもありますよ。
      というか、ほとんど1万km以下みたいな感じですね。2万、3万kmを超して乗っている連中はあまりいないようです。
      月一とかで200㎞行くか行かないかのツーリングじゃあ仕方ないですね。
      まあ、あとは周りにそそのかされて買ったはいいが、扱いきれなくて乗らなくなった、とか・・・。

      服部さんも大型リターン、どうですかヽ(^o^)丿 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です