息子たちと山歩き。11年、12年ぶりに京ヶ峰(岡崎市)へ行ってみた。 2022.1.9(日) その3(最終章)

いやはや、こんなに引っ張るつもりではなかったのですが、過去画像を引っ張ってきたら懐かしくって・・・。

この回で最終章ですので、もう少しお付き合いくださいませ<(_ _)> 。

2010(H22)年12月12日(日)12時39分、無線中継所前で昼食タイム。

さらに下って行くと、管理道路と出合う。

さて、愛知県岡崎市の京ヶ峰に登頂後、一旦下ってNTTの無線中継所前まで管理道路を少し上り返す。そうすると、懐かしいフェンスが見えてくる。

たっぷり休憩し、エネルギーも補給でき、あとは管理道路を下ってゴールを目指すのみ。

管理道路をさらに下って行くと、チェーンゲートが見えてくる。

このチェーンゲートまでは昨年11月にシェルパで駆け上がって来たんだよね。

さらに林道を下って行くと、フェンスで囲まれた池に出る。

お!もう集落が見えて来たぞ!

目の前が開けて、集落が見渡せる場所まで出てきた。

11年ぶりに登頂した、365mの京ヶ峰。

低山で国道や高速道路から近いこともあり、決して人気のある山ではないのだろう。オートバイでも登れてしまう位の山だし(笑)。しかし、我が家には思い出深い山であり、家族の大切さを再認識させてくれた山である。

山間を歩いている時や休憩中、昼食時などに樹木の影から11年・12年前の俺たちが見守ってくれ、『家族っていいな』と感じてくれていたら幸せだし、ここからさらに11年・12年後、今の俺たちが未来の俺たちを見て、同じく『この家族に生まれてきて良かった。』と感じることができるのなら、きっと、この世界でそれに勝るものは何一つないのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。