国道425号線走破。15年前の自分と再会する旅。2022.8.7(日)・8(月) 第2日目

昨晩は22時半頃寝入ってしまったのだろうか、記憶がない。

6時間程度の睡眠時間だけど、寝足りないことはない。熟睡したんだろうな。

そう、オートバイ乗りの朝は早い🏍

室内のユニットバスで体を温めて、6時からの軽朝食まで coffee break とする。

そして6時、指定された場所に行く。

食後、少しだけ1階スペースを見学する。

何だか子どもたちのために設置されている備品たちが寂しそうだったな。

7時30分、チェックアウトを済ませ外に出る。もう暑いぞ(;^ω^)

行政もこういうとこに税金を使えよな。公教育が金儲けにならないことは分かってるけど、将来のこの国を担うのは子どもたちだぞ。既得権益にまみれたダムや道路建設、果てはリニア等々がこの国の将来を担うのか?

さあ、出発だ。受付のオジサン(と言っても俺より年下かな?)が外まで出てきてくれて、濡れているシェルパを見て奥からタオルを持ってきてくれた。

「今夜は雨も降らないし、バイクはどこに止めてもらってもいいですよ。」、と昨晩チェックイン時に言った手前、雨で濡れているシェルパを見て申し訳ないと思ったのかな。

いえいえ、汚れてナンボのオフ車ですからお構いなく。お心遣い、ありがとうございます<(_ _)>

何度もお礼を言い、7時45分頃お宿を後にした。

昨晩本日のルートを考えようとしたが、糖質ゼロビールのほろ酔いと疲労でツーマプをただ眺めているだけだった(;^ω^) 。本朝出発前も2杯目の coffee をすすりながらツーマプを眺めたが、とりあえずリザーブになっているシェルパの給油が先決だと、スマホでGSの位置を検索することに集中していた。

まあ、方角さえ間違わなければ、今日中に名古屋までたどり着くことはできるからね。

適当に県道紡ぎで名阪国道(国道25号線)に出ればいいかぐらいの腹づもりでいた。

日高川沿いの県道25号線を走行中、何やら前方に大柄な獣を発見。

ん?犬か?

シェルパを止め、カメラを構えてシャッターを切り、再スタートしても上画像のまま(;^ω^)

10mを切る間合いになってから動き出したニホカモさんだけど、シカと違って動き始めが遅いのなんのって(;^ω^) 。こっちはダッシュしたわけでもなく、ごく普通に、いやそれどころか若干ゆっくり目にスタートしているのに、あと1mぐらいの間合いでひきそうになったぞ(;^ω^) 。頼むぞ、ニホカモさん!もっと機敏に!

一旦国道424号線(1番違いなのに425とは雲泥の差!)に出て、今度は県道29号線へ折れる

お気楽にこの県道29号線で龍神スカイライン(国道371号線)に出ようと考えていたのだけれど、これがどうして画像を撮る余裕が全くない程の険道(;^ω^)

一応舗装はしてあるのだけれど、標高を増すにつれてアスファルトがはがれ放題。正直ダートだったな。しかも峠に駆け上がるまでずっと雨(;^ω^)

あ、GMのSVがあった。でも、これより確実に荒れてたよ。しかも大雨で合羽着用での山越え(;^ω^) ガードレールがある区間が少なかったし・・。

何で俺はこんな思いしてまでこんな道を走ってるんだ?

って、何度も自問自答したよ。しかもいい年こいたオッサンがね(;^ω^)

っていうか、県道29号線はここから徒歩道未開通)になってるじゃんか。ツーマプにはそのまま舗装林道が同県道と記載されている。

10時05分、ともかく峠(川合峠)着。そして、さっきまでの雨が嘘のように晴れてきた🌞

いやはや、昨日の酷道走りにも勝るとも劣らない険道ぶりに、(-。-)y-゜゜゜しながらしばし呆然とする。

これでも晴れていて路面がDryだったらまだ気が楽だっただろうに。少々落ち着いてから、昨日に続き強く思った・・・

ローライダーS で来なくて良かった(;^ω^)/

シェルパ大正解!そして、大活躍ヽ(^o^)丿

ローライダーS で来てたら滑って転んでサヨウナラだったぞ(;^ω^)

さ、あとは下って国道371号線(龍神スカイライン)に合流だ。

合羽も脱いで天気も晴天。路面は相変わらず悪いけど気分は良い。お、ちらちらと国道らしきものが見えてきたぞ・・・

あれぇ~!!

10時22分、まさかUターンじゃねぇだろうな!

重機が道をふさいでるぅ~Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)/

おいおい、あの大雨アスファルトはがれダート舗装林道を逆戻りすんのかいΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)/ また合羽着んのかーい!

この道を引き返すのかーい!

重機が材木を挟んだままバックしてくるので、Uターンして下がろうとしたその時、

プォーン!

と重機が警笛を鳴らした。そしてオッチャンが顔を出し、

ちょっと待っといてやぁ~

って。え?通していただけるのですかい、旦那?

何本かの材木を移動させるだけでなく、枝打ちされて山になっている枝葉をほうき替わりにして路面を綺麗にしてくれた。シェルパなら材木を移動させてくれるだけで十分なんだけど、丁寧な仕事を確実にこなしてくれた。

5分位待っただろうか。再度警笛が鳴り、オッチャンが笑顔でこちらを見た。

重機のディーゼルエンジンの音で聞こえないだろうけど、ヘルメットの中から大声で、

ありがとうございまーす!!

と叫びながら、通過中と国道に出るまで左手を大きく上げた。

オッチャンの男気に感謝しながら龍神スカイラインを北上する。この道ならローライダーS の方が快適だろうな。

30分程快適RIDEで駆け上がり、標高1,000mを超す道の駅護摩さんタワーに到着。

月曜日なのに乗用車やオートバイが割と来ていたね。オートバイは「峠攻めます」的な国産野郎ばかりで興ざめ。20年近く前のオフ車は場違いっすかね?結構ジロジロ見られたんですけど。

(-。-)y-゜゜゜だけして再スタート。

おー、名阪入口(南在家IC)が見えてきた。

16時42分。少々分かりにくい出入口の南在家IC。

名阪から東名阪自動車道に合流したものの、疲れと睡魔でいつもは寄らない亀山PAにINN。

16時55分、亀山PA。

いつものように弥富木曾岬Cで高速を下り、自宅近くのGSでガスを満タンにし、

18時30分、無事自宅着

今回も頑張ってくれた、18年落ちの「頼もしい」我がシェルパ。

本日の走行距離 383km

全走行距離 394km+383km = 777km(ゾロ目だ!)

15年前に思い立った酷道425号線走破を、今回無事成就することができた。

15年前と今現在の自分は、自身を取り巻く世界同様経年劣化や更新、そして不変な部分が混在する。その不変な部分、それは「今、生きている」という事実だ。最期の時を迎えるまで、それは紛れもない事実として在り続ける。

15年前のGW、ローライダーで林道に分け入り、テントで不安な一夜を過ごしたあの時の俺は、今の俺に何も語ってくれなかった。語る必要が無かったからだろう。

なぜなら、15年後の俺は、「今を生きている」からだ。

リアキャリアからシートバッグを下し、シェルパをローライダーS とグランドアクシスの間、いつもの場所に移動させる。バッテリー充電器をすぐにつなげるのもいつも通り。ただし、車体カバーを被せるのはエンジンが冷めるまでもう少し待とう。

玄関に向かおうと歩き始めたが、振り返ってシェルパを見た。そして、再度シェルパの傍に歩み寄った。

ガソリンタンクを2回叩いた。

※恐らく2日目のどこかで(記憶にないが)、変な角度の足先でシェルパをよっこいしょ、と起こしてしまい、その直後からギアチェンジする度に鈍痛が・・・。軽い捻挫だと思われるが、帰宅翌日から足をひきずっての歩行に・・(;^ω^)。

この記事を書いている今日(8/14(日))で受傷後6日だが、もう腫れも引き、患部に若干の違和感と痛みがある程度だ。1週間ぶりに朝の筋トレもやった(ただし walking はまだ再開していない)。まあ、完治まであと数日と思われる。

まったく、加齢ってやつは(# ゚Д゚)/ 受容、受容・・・できねぇ~(# ゚Д゚)/

御覧の皆さまもお気をつけ下さいませヽ(^o^)丿

Author: kz-blues

ハーレーやオフ車で気ままに走っていれば、気分上々のオッチャンです。ギター(エレキ、アコースティック)も弾くし、革細工もやる。自転車(ジオス・スパジオ)も早朝トレーニングで乗っているよ。1分1秒でもハッピーに過ごせたらいいなぁーと毎日を生きています。

2 thoughts on “国道425号線走破。15年前の自分と再会する旅。2022.8.7(日)・8(月) 第2日目

  1. 春信 says:

    苦行と快感が表裏一体にも感じられ、このまま走り続けて詩人か哲学者になってしまうのか

    不思議な世界に誘われました

    重機オペレーターに感謝してます

    返信
    1. kz-blues says:

      春信さん、コメントありがとうございます。
      今回のツーは距離や酷・険道もさることながら、何十年ぶりかの合羽Rideに辟易しました。
      それでも「喉元過ぎれば~」で、決行して正解だったと思えます。
      オンロードでもダートでも、まだまだ走りますよ (早く治らないかな、左足首(;^_^A )

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。