【シェルパ】 ちょいメンテ。2023.1.22(日)

自宅浴室ドアのDIY修理が割と短時間で終了したので、 久々に青空ガレージを開店してみた。

13時30分、もうガソリンタンクは外しちゃいました。

【DANGER!WARNING!CAUTION!】これはあくまでも素人の記事です。つまり、正確な知識に基づいたメンテナンスではありません。当該作業の実施による不利益につきましては、当方は一切の責任を負うものではありません。

太陽は出ているし、南向きのこの時間帯は心地よい。というか、作業していると若干汗ばんできた(;^ω^) 。

タンクやシートを外すと、さらにスリムになるシェルパ。オフ車なら皆そうか(;^ω^) 。

でまあ、何をやるかというとですね・・

こいつですわ。

え?どこなんだよって?

オイルにじみ解消のための「増し締め」っすね。

ここが滲んでるんですよね。

ガスケット交換から11,000km強走行してのオイルにじみ。ちょうど1年前(ガスケット交換から約5,000km走行後)にボルト緩み点検をしたんだけど、そん時は全く緩んでおらず拍子抜けしたよな・・。

さあ、増し締め増し締め🔧、っといきたいとこなんだけど、しょうもない法律のせいで取り付けられているパイプを外さねばなりませぬ(# ゚Д゚)

で、やっとゴムキャップを取りーの、

ただはまってるだけなんでね。

右、

若干だけど、3カ所全てでボルト下のパッキン周囲からオイルが滲んでいるね。

やっとのことで増し締めできるぞ🔧。

でもって、8.0N/m(規定トルクは7.8N/mなんですけど)で締めてみると・・

あれれれれ・・???

8.0で締まってるぅ~(・_・;)

8.5は・・・締まってるぅ~(・_・;)

一応俺のトルクレンチは0.25N/m刻みなんだけど、0.5で進めてます。

然らずんば、9.0は・・・締まってるぅ~(;^_^A

ちょっと、どうして締まってんの?

9.5・・10.0・・10.5・・おいおい、どこまでいくつもりだよ、このボルト・・・。

1年前に締めすぎた?いやいや、そんなことはない。そうだったら諭吉超えするトルクレンチの意味がないし。

画角の加減で11.0N/mには見えないですけど、11.0なんですって(;^_^A

はい、結局11.0N/mで締まりました。

シェルパ乗り御用達の某サイト情報だと、2006・2007年式以降のモデルについては、ここのトルクは「13.0N/m」に変更されているそうなんだけど、変更理由は、『ヘッドカバーガスケット、ヘッドカバーボルトが変更された』かららしいので、2004年式の我シェルパはあくまでも「7.8N/m」なんだよね?

まあいいや、「11.0」で経過観察だな。

はい、組付け組付け🔧

お次は?

エアクリーナエレメントなんだけど・・・

取り出して見たらまだイケそうだったんで、今回はパスすることにした。

よし、もう組付けよう。

ま、組付けはサクッとね。
そう言えば・・・

タイヤ交換もあったんだった(;^_^A 。

ブリヂストンのタイヤは購入済みだから、あとは交換に踏み切るだけなんだよね。

まあ、暇を見つけてやりますからね。

ということで、昼から3時間弱の青空ガレージの閉店でございまする <(_ _)>

14時30分、お青空ガレージ無事閉店っす。

Author: kz-blues

ハーレーやオフ車で気ままに走っていれば、気分上々のオッチャンです。ギター(エレキ、アコースティック)も弾くし、革細工もやる。自転車(ジオス・スパジオ)も早朝トレーニングで乗っているよ。1分1秒でもハッピーに過ごせたらいいなぁーと毎日を生きています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です