悪天候の平日二連休で我慢の限界。設楽町界隈林道散策 その①

2018.10.5(金)9時50分自宅発 総走行距離227km

勤務の都合で平日が2連休となった二日目。前夜から当日朝まで迷いに迷った挙句、結局片道約90kmの林道散策に出かけてしまった。

これはピストンの帰り。ここを駆け上がった時は気持ちよかったな。

 

今年はとにかく雨の週末が多い。いくら自然現象とはいえ、オートバイに乗れない週末がここまで続くと腸が煮えくり返る思いだ。

ただね、ここ数年(恐らくこらからも)日本、いや、世界各国で自然災害が頻発して甚大な被害をもたらしていること等を鑑みれば、オートバイに乗れないことぐらい何でもないことだよな。

甚大な被害が自身に降りかかった時、オートバイに乗ることなど諦めるしかない環境になるだろう。

まずは県道39号線から町道へ駆け上がったところで通行止。

出発が遅かったこともあり、とにかく時間を取り戻すために普段はやらない「名古屋高速⇒伊勢湾岸道」、しかも平日料金バージョンの大放出(笑)。

おそらく通常ルート「国道23号線⇒伊勢湾岸道豊明IC」との比較でも、1時間もの差があるとは思えないが、精神的に「楽」になることは確か。大事ですよ、精神面は。

豊田松平ICで高速道路を下り、香嵐渓のコンビニで買い出し。いつもならJAでガス補給もするのだが、今日は自宅近くのGSで満タンにしてきたのでパス。

朝飯を食い、ストレッチや軽い筋トレ(通常出勤時と同様に)を済ませてきたのだが、久しぶりのダート走行への昂揚感が高いせいか、空腹感も高くなってきたので、ファミチキを1ケ食した。

県道39号線後半、見かけた林道へ。でも、ここ何回も走ってるよな(笑)。

さあ、県道39号線をひた走り、目指すは記念すべき初林道となった椹谷林道。

県道39号線もお気に入りの道だが、台風や悪天候が続いているせいか、杉やその他樹木の枝や葉が道路に散乱している。いや、「堆積」している。

アスファルトの上に、しかも濡れた状態で堆積しているのでたちが悪い。

先だっての三重県水呑峠越えでは、樹液?コケ?で前後輪が滑り、転倒を覚悟したばかりなので、今回はかなり慎重に走った。

それでも19日ぶりのシェルパは快調そのもので、テンション高く走ることができた。

県道沿いのキャンプ場を過ぎれば、もう椹谷林道入り口は目と鼻の先。

いざ、突入!

先の県道さながら、いや、それ以上の枝葉の濡れ堆積物にかなりビビリながらアスファルトを進むと、何回かのコーナー出口で倒木。

初見では倒木しか目に入らなかったのだが、よく見ると軽トラと倒木を切っているオジサンが見えた(さすがに画像はなし。申し訳ないからね)。

オジサンはこちらを見て何やら話した。

ヘルメットとシェルパのエンジン音でよく聞き取れなかったが、にっこりと笑った表情や動作から想像するに、

「もうちょっと切ったら、バイクならこの幅で通れるやろ?」

ではないかと。

ただ、割と大きな倒木だったので、5分10分では無理だろうな、ここを越えてもまだ先に倒木はあるだろうと予測できたので、軽く会釈をして勇気ある撤退とした。

 

ピストンとは分かっていたが、それでもダートは楽しい!
復路でのショット。

一旦国道257号線に出るも、そのまま家路につくわけにはいかない。

見かけた林道看板に誘われて突入。

ガーミンGPSで見ると、何やら網の目のように道が走っている。

適当に辿ってみよう。

 

その②へつづく。

悪天候の平日二連休で我慢の限界。設楽町界隈林道散策 その①」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です