シェルパ前タイヤ交換。IRC GP-21 コスパ最高のタイヤっす。2018.11.17(土)

2018.11.17(土)

 

かなりのロングライフ(13,475㎞)を誇った、IRC(井上タイヤ)の前タイヤを交換した。

もちろん、再度同銘柄のGP-21。

 

 

2014年11月末に中古でこのシェルパを購入した際、前オーナーが林道をまったく走らない人だったため、タイヤは前後共オンロードタイヤを履いていた。

俺様は林道を走るためにシェルパを購入したのだから、そんなタイヤはいらねぇーと、納車と同時に前後新品のオフタイヤ(ダンロップD603)に交換してもらったんだよね。

 

ただ、そのダンロップD603はかなりのダート寄りのタイヤであり、林道入口まで片道100㎞ぐらいは自走する俺にとって、正直もったいなかった。

だって、一回ツーリングに行くと、目に見えてブロックが低くなっている(ような気がしていた)んだもの。

そんなオイラの救世主となったのが、地元名古屋に本社を置く「IRC(井上タイヤ)」のGP-21・22。

とにかく安価で耐摩耗性にすぐれる良いタイヤである。

今回までに前輪は1回、後輪は3回交換しているが、納車と同時に交換してもらったダンロップD603は、前輪6,000km強、後輪は4,000㎞強しかもたなかった。ダート寄りのタイヤとはいえ、その減りは「消しゴム」との異名をとるぐらいで、2本目(IRCのGP21・22)に交換したらその倍は走ったからね。

 

さて、前輪を外して、

 

コンプレッサーも叔父の形見で2機もあるでよ。

 

前輪はヘビーチューブ(IRC製)も入れていないし、脱着が楽だな。

 

 

トルクレンチも持ってまっせー 重要やで~ トルクトルク。

 

 

まあいつものことながら、普段綺麗にできないところを掃除しながら作業するので、時間がかかって仕方ない(笑)。

 

はい、新旧比較。

 

上下画像の違いはお分かりでしょうか?

 

後輪もそろそろだね。あと何回林道に行けるかな。

前回交換後4,129km走行している状態がこの画像たち。銘柄は、前輪同様IRC製のGP-22。

これの前はD605を履いていた。そちらは6,684kmもったけど、若干GPより割高なんだな。

ほぼ同じぐらいの耐摩耗性だから、前同様GPの選択しかないよな。

まあ、後も同様にコスパ最高っすね。もう半年前に前後セットで購入済みだから、あとは交換するだけ。

未舗装の走行よりも、林道入口(現地)に行くまでの自走距離が長いから減りが早いんだよな。

前述の通り、片道約100㎞走るからね。

というわけで、22,000㎞強で2回目(約9,000㎞+約13,000㎞)の交換となった前タイヤでした。

 

シェルパ前タイヤ交換。IRC GP-21 コスパ最高のタイヤっす。2018.11.17(土)」への2件のフィードバック

  1. おはようございます。北海道のさすらいのライダーです。wbikeから参りました。

    IRCのオフタイヤは、全て高性能でコスパは高いですね!
    私も、林道まで長距離自走するので、オフロード性能は1番重視していますが、耐久性も重視しているので、色々試して値段も含めて1番バランスの取れているたのがミシュランのT63でした。長年これを愛用していたのですが、2年前に生産中止となってからはIRC一本槍でした。
    今年になってミシュランから、T63の後継モデルとしてアナーキーワイルドと言うのが出たので、現在はこれを試しております。T63よりブロックが低くて柔らかいタイヤですが、今流行りのアドベンチャー系のオフ車向けのコンセプトなので、耐久性も期待しております。
    250ccのサイズだけは、値段もかなり安めに設定されているのが助かりますね。

    1. さすらいのライダーさん、コメントありがとうございます。
      IRCは、地元名古屋の企業(以前は知らなかった(笑))なこともあり、通勤用の原付二種(グランドアクシス)にも前後履いています。
      スクータータイヤでも中古で履いていた台湾製のタイヤとは雲泥の差で、グリップもいいし、直進安定性も上々です。
      おっしゃるように価格も抑えられていますから、私は自転車(自身のロードバイクや家族のも含めて)にも同社製を履かせています(笑)。
      ただ、私の乗るハーレーには合うサイズがないので、仕方なく別銘柄(ミシュラン・コマンダーⅡ)にしている次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です