キャンプ中止で昼前からの林道行き。愛知県設楽町付近を2~3本ほど。2019.9.29(日)【その3】

舗装林道に入ってしばらく行くと、ダート入口に遭遇。迷わず入る。

舗装林道途上で枝道ダートに入る。

ダートはすぐに終わり、別の舗装林道に合流した。

舗装林道をガーミンGPSとにらめっこしながら走ると、北方向への枝道が現れた。再度高みへ駆け上がって行く。

一旦幅広舗装林道に出るも、再度枝道に入って行くと下画像のようなダートになった。

ここらはまだ車の轍がしっかり残っているね。

ところがさらに奥に進むと、段々と廃道色が強くなってきた。

もう轍が無くなってるね。

まあガードレールが残ってるし、道であったことは確からしい。

なぜか、ガードレールが出現するたびに一々安心する(笑)。

するってーと巨大な倒木登場!万事休すか…。

かなり大きな倒木だよね。

下りて見に行くと、何とか潜れそうだ。

ああ、大きな倒木だからこそ、通り抜け可能であるの図。

しかも、倒木真下にオフ車のタイヤ跡があるし(笑)。好き者がここにも足跡を残しているね。

俺と同じIRCのタイヤかい?

巨大な倒木を潜り抜けると、さらに廃道色が濃くなってくる。

画像で見ると、車の轍があっただろうことが辛うじて分かる。

するとどうでしょう、新たな林道に突き当たったぜ。こんなところでコンクリートとU字溝+鉄格子蓋に遭遇するとはね。

林道増設計画が中止されたのかな?

しかし、このT字路は地形図に記載されていないぞ。

画像の奥から出てきたんだよね。
右折方向(画像奥)への道は地形図に記載あり。おそらくこの場所だろう。
左折方向(画像奥)への道は未知(笑)。

未知の道(もうええわ)も、すぐそこにガードレールの姿を見ることができたので、もう少し進めるのかもしれないが、ここは地形図に記載されている道を進むことにした。

草がボーボーじゃんか。
振り返っても草ボーボー(笑)。

確かに草丈も長くて意気消沈だけど、8月の福井県巣原峠よりましだ(笑)。

2019年8月11日(日) 福井県巣原峠付近
お、ガードレールだ!行けるか?

ガードレールも現れたが、落石も増えてきた。

立派な(?)廃道だね。

と、次のコーナーを回るとそこには・・・。

【その4】に続く。

キャンプ中止で昼前からの林道行き。愛知県設楽町付近を2~3本ほど。2019.9.29(日)【その3】」への2件のフィードバック

  1. シェルパさんのツーリングは空気入れやスタンドに加えて、ノコギリも持っていった方がよさそうですね。

    1. 春信さん、コメントありがとうございます。
      確かに折りたたみ式のノコギリがあると便利かもしれませんね。
      林道愛好家の方たちは、ほとんどノコギリ持参らしいですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です