大杉・白谷・萩原林道(滋賀・岐阜県) with M氏 2020.8.15(土)

9連休の8日目に、高校の同級生M氏と何度も延び延びになっていた林道行脚に出かけた。

御池林道から大杉林道へ。

集合場所は、国道23号線沿いの長島公衆トイレ(^^ゞ。

7時集合だったが、当該地に着くと、案の定M氏が待っていた。俺も10分前ぐらいには着いたんだけどね。

M氏、朝から気合が入ってます(笑)。

三重県大安町のローソンで買い出しを済ませ、いつもの道程で石榑トンネルを抜ける。永源寺から君ヶ畑集落、御池林道と進む。

この時間だと若干涼しいね。特に山間は違いがはっきり分かる。

峠付近から大杉林道へ突入だ。

ほぼ1ヵ月ぶりのダートということもあり、何だか走りがおぼつかない。いつもなら5分10分走れば感覚が戻ってくるのだが、今日はなかなか戻らないぞ。おっかなびっくり、そろそろと走る。結局この日は午後までそんな感じだった(^^ゞ。

大杉林道途上のTの字でいつもは入って行かない方向へ進入する。

するってーと!!!

おお!久々に拝見しやしたぜ、旦那(^^ゞ。

立ちゴケならぬ、石ゴケ!いつもながら、見せますね(笑)。

大杉林道を下りきったところで小休止。

するってーと、M氏が軽整備?

ねじれたFフォークを荒業で修正するM氏。

オートバイ屋の親父助言らしいんだけど、あくまで応急処置だよね(良い子はマネしないでね。)。俺はトリプルツリーのボルトを緩めて直すけどな。

M氏提供。

さて、大杉集落から再度ショートダートを駆け上がり、一旦御池林道に戻って下る。県道34号線から国道306号線へ出て東進。権現谷を目指す。

白谷林道入口。

権現谷とくれば白谷林道っすよね。

ここは片道約10㎞のピストン林道。ここも何度か訪れているね。貴重なダートっすね。

ここがドンツキ
M氏提供。ドンツキ場。

片道10㎞の復路を戻り、路肩崩落工事現場を抜ける。

はい、自己責任でね。

「ちょっと川で水浴びしたいよね。」、とのM氏からの提案があり、工事現場付近の河原に下りてみた。

さて、白谷林道後の予定が未定だったため、お次は何処へ…

おーっと!また来たよ!!

見せ場を作りますね、旦那(笑)。

でも、よく川側に転落しなかったよね。5mぐらい落差はあったよ。

一旦国道365号線まで下り、県をまたいで岐阜県の養老山・上石津方面でも行きますか?おそらく後者はゲートが閉められていると思うけどね。

以前1度だけ訪ねた養老山方面へ向かうも、ゲート横が厳重になっており、しかも「私有地につき立ち入り禁止(〇〇産業株式会社)」との看板もあった。

看板もそうだが、ゲートの前で立ち往生している親子(おそらく母と娘)に遭遇した。なぜこんな林道入口に入り込んだのか分からないが、もっと分からないのが、車の切り返しができないこと。助手席の娘(おそらく)が外に出て誘導するのかと思いきや、犬を抱いたまま何もしていない。

母親(おそらく)は車から降りて間隔を見たり方向転換する場所を確認したりしているのだが、娘が一向に協力しない。何でだ?

母親も車に慣れていないのか、切り返す方向が定まっておらず、また元の位置に戻るなど、同じことを繰り返しているだけだった。

「あれってさ、一生出れないんじゃね?」、と俺がM氏に言うと、「そうだよな。無理じゃない?」と言いながら親子に近づいて行った。

そう、M氏は誘導を始めたのだった。

?が娘らしき人物。犬の方が大事なのかよ。

M氏の誘導で無事切り返すことができた母親。

「ありがとうございました。助かりました。」と親子でお礼を言われ、「はい、お気をつけて。」と返しながらも、何だか釈然としないM氏と俺だった。

さあ、結局養老山はだめだったので、お次は上石津の作業道の様子を見に行こうかね。

国道365号線に再度戻り、勝地峠へ駆け上がる。目指す作業道ゲートまでは短いダート走行だ。

もうここは開かずのゲートになってしまったのか・・・。

まあ仕方ない。ではこのだだっ広い作業道の北側入口に回り込んでみようと、再度国道365号線に出た。

そう、知る人ぞ知る「萩原林道」っすね。

開けたら閉める。大人なら当然ですよね。

でまあ、枝道入ったり本線に戻ったりしたのだが、いつもの開かずのゲートまでたどり着くと、ここも開かずのゲートのはずが開いているではないか!

喜び勇んで飛び込むところだが・・・。
何で南京錠がないんだろう・・・。

そう、何か様子がおかしい。開け放たれたゲートを見た瞬間に嫌な感じがしたのだ。

1.開かずのゲートが開いている。【不自然】

2.南京錠がついていない。【林業関係者やダートフリークが持って進入】

3.開けっ放しになって大人の対応をしていない。【すぐに戻ってくる可能性】

正直この3つの状況から、ゲートの向こうに飛び込むことは危険だと確信した。万が一締め出しをくらったら、ゲートのこちら側に帰還できない。

さらに、

4.この作業道は全長40km近くある。【引き返し地点で悩む。夢中になるから。】

5.現在時刻が15時15分。【これから山中に入り込むような時間ではない。】

たった6年弱のダート経験だが、これら5つの事由により、ここで勇気ある撤退とした。

少々納得のいかないM氏(^^ゞ 。

撤退前、しばしM氏と協議した。

まあ、ここに来るまでに見かけた枝道を探索し、下山することに決定。

さあ、下山しますか。

結構今日は走ったんじゃありませんか、旦那?

かなりお疲れの様子かしら?

さあ、帰路も下道で行きますか、と国道365号線を南下する。

途中、後ろからM氏にクラクションを鳴らされる。手で合図もされたので減速して広い歩道に乗ると、「眠いからガム買うでよ。」、とのこと。

ついでに日陰でアイスもね(^^ゞ 。

俺は先日の和歌山県新宮市1泊ツーの帰路、同様にあずきバーとアイスコーヒーを求めてコンビニに寄ったが、これであの灼熱地獄から蘇ったからね。

本日も同じく蘇ることができた。

ということで、延期に継ぐ延期だったM氏との林道行脚を無事終えることができた。

やはり、林道は楽しいぞ。

18時15分 自宅着

全走行距離 239㎞

思いっきり逆光だな(^^ゞ 。

大杉・白谷・萩原林道(滋賀・岐阜県) with M氏 2020.8.15(土)」への5件のフィードバック

  1. なんでここでコケルの?ってな所でコケても、ちゃんと撮っているところが、エラい!

    毎度ながらコケるとハンドル曲がる、いちいちボルト緩めてられませんよ。

    でも、林道走りは楽しいね。あと何年走れますかね、五十路に入ってリターンして良かった。いつもお付き合いありがとう。

    1. Mさん、コメントありがとうございます。
      とにかくシャッターを切り、ネタをストックしないことにはブログの存続にかかわりますので(^^ゞ。
      いつもネタ作りにご協力いただき、誠にありがとうございます!

      心身共に健康だからオートバイに乗り続けることができるのか、乗り続けるために健康でいなきゃならないのか、
      まさに、ニワトリと卵ですね(^^ゞ。

  2. おはようございます。
    いつもながら単車人生を楽しんでおられ羨ましい限りです。
    私しゃぁ、会社からの指示で、休日は外出もせず、草むしり、家の掃除、他家の中でゴソゴソしております。
    ダート走行も楽しいそうですが、単車がメチャ汚れますよね。汚れが焼き付き取れなくなるし。
    その辺はいかがでしょうか?
    では、いつも通り仕事します。

    1. 服部さん、コメントありがとうございます。
      もう後どれだけオートバイに乗れるのか分からないですからね。
      元気だったら80歳ぐらいまでは乗ろうかと思っています(^^ゞ 。

      汚れに対しては基本水洗いですが、2回に1回は洗車後にシリコンスプレーを所構わず(タイヤ・ブレーキ以外)吹きかけています。
      ごく稀に「ラバープロテクタント」をゴム部に吹き掛けていますかね。
      まあ、オフ車の汚れは、いわゆる勲章ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です