久々のグランドアクシスちょいメンテ。 2022.3.19(土)

グランドアクシスの整備で久しぶりの青空ガレージを昼過ぎからオープンさせた。

15時、遅めで青空ガレージを開店させた。

数日前からの天気予報から、本日のRIDEはしないと決めていた。よって、通常なら土曜日RIDEで日曜日は2mileウォーキング+spa!のパターンなのだが、今週末は逆になりそうだ。

【DANGER!WARNING!CAUTION!】これはあくまでも素人の記事です。つまり、正確な知識に基づいたメンテナンスではありません。当該作業の実施による不利益につきましては、当方は一切の責任を負うものではありません。

でまあ、グランドアクシスのどこをメンテするかというと・・・

前回交換が3年前で、ブレーキパッドも同時交換している。そこから約18,000kmの走行(前回は20,695㎞走行時で交換)。整備録を見ていて、そろそろやらないとな、と思い立ったわけだ。

前回交換時にフルードの汚れ具合を見ておったまげた記憶がある(下画像)。

あ、全然違うね。液自体も違うけど、リザーバータンクの中の汚れも違う。

これは…走行6,000㎞位の中古で購入したあの店(桑名市の某ショップ)、納車整備でフルード交換してねぇーな・・・。いい加減だな、まったく…。

ちなみに3年前(20,695㎞走行後)、本日(約18,000㎞走行後)、新品のそれぞれの「色」をアップしますと・・・

※実は過去記事を見直してみたら、これでももう劣化しているみたいな色だった(;^_^A。やっぱり封を切った瞬間に酸化が始まるんだね。では、封を切っていないホンダ純正フルードはどうなんだろうか?今度シェルパのフルード交換するから、そん時分かるか。当然シェルパは前後共ディスクブレーキだから使用量も多いからね。

っていうか、まだヤマハ純正フルード1L缶の中身が残ってるんですけど(;^_^A 。まあ、廃棄だね。それとももっと早い時期にブレーキパッドと共に交換してしまうか・・・。まあ、考えておきましょう。

新品フルードで「押し出した」旧フルード。どうしても新品が混じってしまうんだけどね^_-)-☆

前回はウエス巻きを怠り、ヘッドライトカバーを交換する羽目になったからね。カバー裏にフルードが垂れてしまい、慌ててパーツクリーナーを大量に流し込んだんだけど時すでに遅し。カバー裏面のメスネジ等々を痛めてしまった。

本来ならカウルをバラシてパーツクリーナーでふき取りなんだろうけど、横着してカウルのすき間から大量にパーツクリーナーを吹いただけだったからダメだったんだよな…。

それにしてもブレーキフルード、塗装面だけではなく、プラスチック部品も浸食されてしまうんだね。恐るべし(;^_^A 。

ホンダ純正フルードも3年前に購入してあるんだけど、シェルパで使ったっきり出番なし。まだ新品が丸々2本あるんですけど・・・。ちなみに上右画像のパッドはすべてシェルパ用で、グランドアクシス用は手持ちなし(;^_^A 。

まあ、グランドアクシスのパッドは本日確認したところ、まだまだ使えそうだったんで安心した。近々ポチっとしておこう。

さて、お次はプラグっすね。

確か、ここからアクセスするんだよね・・・

プラグ径のボックスが入らない Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)/

え?何で?何度やっても、角度を変えても入らない。

あ、もしかして、プラグレンチの中に入っているプラグをホールドするゴム(?正式名称知らない)が前回交換時にはまったままとか・・・。色々想像を巡らすが、ゴムしか思い当たるフシがない。

これは参った。もしゴムがハマったままだとシリンダーに被せられているプラスチックのカバーを外さないとプラグにアクセスできない。そんなことやってたら日没だ(青空ガレージ開店が15時なので)。

まあ、とりあえずもう少しプラグ穴が見えるようにサイドのカウルだけ外してみよう。

ん?何だかカバー内部横から厚さ3mm位のゴム状のものがはみ出ているぞ(;^_^A。

貴様!一体何者だ!

大小様々な工具で除去しようとしたのだけれど除去しきれず、結局再度中へ押し込む形で処理した(処理と言うのか?)。

げっ💦

こんなプラグはオートバイ人生で初見だぜ。

6,000㎞走行済みの中古で購入して依頼、プラグ交換は今回で6回目だけど、今まで2,500㎞~7,500㎞で交換していた(何だよ、このバラつきは?)。ところが今回ちょっとサボってしまい、前回交換から11,300㎞も走行してしまった(;^_^A 。

2サイクルだからオイルねっちょりは分かるんだけど、碍子に付着している物質は何だ?まあ、何だって言っても油脂類の燃えカスしかないんだけど(;^_^A 。

マニュアル通り20N/mで締めて完了。

それにしてもプラグ穴の邪魔をしていたゴム板?破片は何だったんだろうか?皆目見当が付かないぞ。

まあ、今度エアクリ交換や何かで時間をかける時にシリンダーカバーを外して見てみようかな。

17時38分、終了。

開始後約2時間半もかかって青空ガレージを閉店することができた。

本来ならシェルパの前後ブレーキフルード交換も実施予定だったんだけど、さすがに今からじゃ日没だし、また今度だね。

プラグ交換後スターターを回すと、有り得ないくらい瞬時にエンジンに火が入った!これはすごいね。しかもエンジンも物凄く軽くアイドリングしやがる(笑)。

翌朝通勤時(3/21(月))、エンジンスタートも超軽く、走り出しの加速に驚いた!これは今までで一番強く体感できたプラグ交換後の変化だぜ。

しかも、フルード交換しただけの前ブレーキのタッチも良くなっており、「カチッ、カチッ」っとしっかりレバーが動いて確実にブレーキングする感触に変わった。

うーむ、たかがプラグ、たかがフルードだけど、なかなかどうして侮れませんぜ、旦那。

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。